ブドウ一粒に込められた思い~グローバル・ワイン講座

南アフリカのワイン、コンスタンシア・グレンの「TWO」(左)とクレイン・コンスタンシアの「ヴァン・ド・コンスタンス」(右

かつて、ヨーロッパの王族や皇帝たちがこぞって追い求めたワインがある。南アフリカ産の「ヴァン・ド・コンスタンス(Vin de Constance)」という甘口ワインだ。

ボードレールやディケンズの文学作品に登場するほど人気を博したワインで、ナポレオンのお気に入りでもあり、最期のときまで、1日1本のペースで注文していたという逸話もある。

100年の時を経て復活を遂げたワイン


このワインが生まれた「コンスタンシア(Constantia)」というワイン産地は、ケープタウンの街から車で20分ほどの場所にあり、先端に喜望峰があるケープ半島の中央に位置する。

南アフリカのワイン産業を育んだ「ゆりかご」と呼ばれる、古くからある産地で、ヴァン・ド・コンスタンスの歴史は1685年まで遡る。

しかし、病害や害虫により、19世紀末にはブドウ畑が全滅。栄光のヴァン・ド・コンスタンスは姿を消し、文学の世界やワインセラーの中でのみ生き続ける、幻のワインと化した。



それからおよそ100年の時を経て、1986年、この伝説のワインは、当時の秘密の製法を再現して復活を果たした。現在、ヴァン・ド・コンスタンスを造る「クレイン・コンスタンシア(Klein Constantia)」ワイナリーの醸造家マシュー・デイさんは言う。

「このワインには350年以上の歴史があり、私たちの誇りです。いかに多くの人に楽しんでいただけるか、そして、後世に伝えることを念頭におきながら、ワインを造っています」

文・写真=島 悠里 ワイナリー提供

ワイン
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ