デジタル・トレンド・ハンズオン


Apple M1ネイティブで動くアプリも続々


2020年秋にリリースされたmacOS 11 Big Sur以降、macOSのアプリケーションもSafari、写真、メッセージなどアイコンのデザインをiOS/iPadOSに揃えて使い勝手の親和性を高めた。筆者のような昔からのMacユーザーも新しくなったユーザーインターフェースに違和感なく馴染めるだろう。

Apple M1チップを搭載するMacで円滑にネイティブ動作ができるアプリもMicrosoft Office、Adobe Photoshop、Slackなど続々と増えている。

またApple M1チップ搭載のMacから、iPhone/iPadOS向けアプリの一部がmacOSでも動作するようになった。App Storeを開くと、iPhoneおよびiPad対応と記載されたアプリが並んでいる。例えば料理のレシピ動画を数多く収録する「Kitchen Stories」はiMacの大きな画面で楽しみ甲斐のあるアプリだ。

新しいiMac用アクセサリーとして、指紋認証Touch IDを搭載するワイヤレスキーボードのMagic Keyboardが選べるようになった。画面ロック解除やアプリのダウンロード、Web決済の支払いが素早くできる。


ワイヤレスMagic KeyboardにiMac用のキーボードとして初めてTouch IDによる指紋認証センサーが搭載された

もう一点、iMacの画面ロックの解除を、Apple Watchとの組み合わせで行えることも知っておきたい。macOSのシステム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を選択。「Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」のリストに並ぶApple Watchにチェックを入れておけば、パスコードロックを解除した状態でApple Watchを着けてiMacに近づくだけで画面ロックが解除され、スムーズに作業を再開できる。


Apple Watchによる画面ロックの解除が可能

文・写真=山本 敦

Apple
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ