デジタル・トレンド・ハンズオン


高精細な4.5Kディスプレイ。パワフルなサウンド


新しいiMacはエンターテインメントPCとしての性能も充実している。4.5K Retina液晶ディスプレイの精細感、ナチュラルな色彩のバランスと明るさ、コントラスト感は文句なしの出来映えだ。動画や写真がよく映える。低反射コーティング処理を施しているので目に優しく光の映り込みも少ない。

また、Apple M1チップを搭載したことで、オーディオシステムのために割く内部スペースの比率をより多く取れたという。合計6基のスピーカーユニットを搭載する本格派オーディオシステムは、スピーカーの開口部が下向きに配置されているのにもかかわらず、デジタル信号処理の効果を合わせてあたかもiMacの画面から音が聴こえてくるようなリスニング感が楽しめる。


大幅に小型化したロジックボードの左右に小型空冷ファンを配置。M1チップの熱を効率よく逃がす。駆動時も10デシベル以下の騒音レベルを実現している

さらに特筆すべきはApple M1チップの電力効率が高いことから、1時間を越える4K動画作品を視聴し続けても空冷ファンのノイズ音が気にならなかったことだ。シアター体験に深く入り込める。

今回テストしたiMacは4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載する計8コアCPU、8コアのGPUを搭載するモデルだが、Apple Arcadeで配信されている高精細4Kグラフィックスのゲームもスムーズに動く。夜間に音楽やシアター、ゲームの音声を存分に楽しみたい時はアップルのワイヤレス・ノイズキャンセリングヘッドホン「AirPods Max」やイヤホンの「AirPods Pro」を組み合わせるとよい。


夜間の音楽再生にはAirPodsシリーズのヘッドホンやイヤホンが好相性

文・写真=山本 敦

Apple
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ