.


WHOの対応がこれほど遅かったのは、なぜだろうか? 単純にその最大の原因として考えられるのは、官僚主義だ。空気感染が起きていることを示す証拠すべてを見直すと決定したものの、それを担当したのは、WHOのスタッフのみだった。

前述の公開書簡に署名した239人の研究者らに相談することもできたはずだが、彼らは自分たちの仕事を正当化するためにそれを避け、自らの仕事を増やしたのだと皮肉を言う人もいるだろう。

WHOの科学者たちはなぜ、エアロゾルの専門家たちよりも自分たちの方が、エアロゾルについてよりよく理解していると考えたのだろうか?

理由は何であれ、WHOは研究について判断する権限があるのは自分たちだけだということにした。何より迅速さが重要なときに、人々の健康に関するガイドラインを示す必要性よりも、科学的な厳密さを重視したのだ。

改革が急務


新型コロナウイルスへの感染による死者数は、330万人を超えている。それをWHOの責任だとするのは、明らかに彼らに対して不公平だ。だが、彼らが専門家たちの話に耳を傾けていれば、どれだけの命を救うことができただろうかと考えてみる必要はある。

WHOは年間およそ25億ドル(約2730億円)の予算のより多くを、世界的な緊急事態から人々を守ることなど、最も必要とされている分野に充てるべきだ。また、技術的には正しくても分かりにくい専門用語を使う科学者に、記者会見を任せるべきではないだろう。科学的な事柄を一般の人に伝える専門家、サイエンス・コミュニケータ―を採用するべきかもしれない。

WHOは、世界的な病気との闘いを指揮する組織として不可欠だ。だが、ガイドラインを示すことにおいて、彼らは役に立っていない。また新たなパンデミックが起きる前に、すぐにも改革を行う必要がある。

編集=木内涼子

新型コロナウイルス特集新型コロナ
VOL.646

「五輪中止論」高まる日本でワクチン接種が進...

VOL.648

新型コロナワクチン、接種完了でもマスクが不...

PICK UP

あなたにおすすめ