SPORTSMONEY

総合格闘技(MMA)のコナー・マクレガー(右)(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC)

2020年には世界的なアスリートたちも、多くが試合の機会を失い、無観客でプレーし、給与の削減に直面した。プロスポーツの世界が新型コロナウイルスのパンデミックによって失った収入は、数十億ドルにのぼるとされている。

それでも、最高レベルのアスリートたちの中には、(少なくとも、収入の面では)これまでにない最高の成果を手にした人たちがいる。フォーブスが発表した最新の「最も稼ぐスポーツ選手トップ10」に入った選手たちの年収(2020年5月1日~21年5月1日)は、合わせて10億5000万ドル(約1150億円、税引き前)となり、前年から28%増加した。

今年のランキングで初めて首位につけたのは、総合格闘技(MMA)のコナー・マクレガー。MMAの選手としては突出した人気を誇るマクレガーは、1月に出場した試合で敗北したものの、ファイトマネーとして220万ドルを稼いだとされる。マクレガーが10位までに入るのは、これが2度目。

対象期間中の収入は合計1億8000万ドル(約197億円)で、その大半は自ら立ち上げたウイスキーブランド、「プロパー・ナンバー・トゥエルブ(Proper No.12)」の株式の過半数をプロキシモ・スピリッツ(ProximoSpirits)に売却したことで得たものだ(1億5000万ドル)。

また、マクレガーはその他のビジネスにも関心を持っているもよう。先ごろツイッターで、プレミアリーグの「最も価値あるチーム」、マンチェスター・ユナイテッドの買収にも関心があることをほのめかしている。

その他、契約するスポーツ賭博のドラフトキングズ(DraftKings)やビデオゲーム「Dystopia: Contest of Heroes」、ライフスタイルブランドのルーツ・オブ・ファイト(Roots of Fight)などからのスポンサー料も得ている。

ランキング

以下、今年の「世界で最も稼ぐスポーツ選手」のランキング上位に入った10人を紹介する(カッコ内の金額は、競技からの収入/その他の収入)。

1位 コナー・マクレガー(32歳、アイルランド出身、総合格闘技)

1億8000万ドル(2200万ドル/1億5800万ドル)

2位 リオネル・メッシ(33歳、アルゼンチン出身、サッカー:FCバルセロナ)

1億3000万ドル(9700万ドル/3300万ドル)

編集=木内涼子

スポーツオーソリティ長者番付

PICK UP

あなたにおすすめ