Close RECOMMEND

挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

日本テレビでVTuber事業を手がける、大井基行

テレビは見ない。そもそも持っていない。

長年「生活必需品」としてお茶の間の中心に鎮座してきたテレビも昨今、こんな扱いを受けることも少なくない。

「テレビの定義から再考する時代に突入したと感じています。モニターをテレビとするのか、コンテンツをテレビとするのか。ネットやTikTokでニュースを配信したら、それは“テレビ”ではないのでしょうか」

このように話すのは、日本テレビの社員である大井基行氏。

彼はディレクターやカメラマンといった、いわゆるテレビ番組制作に関する仕事ではなく、バーチャルYouTuber・通称“VTuber”の事業を立ち上げた人物だ。

2021年3月に開催したオンラインイベント「VILLS vol.2」では、イベント当日の累計ツイート数約83,000件、Twitterトレンド国内1位、世界6位となった。

なぜ彼は、“テレビ”の会社でVTuberに関する事業を立ち上げたのか。そのモチベーションの源泉と、創造したい社会の姿について自ら説明してもらった。

日テレの力を、VTuberに“使ってもらいたい”


我々のVTuber事業「V-Clan」について簡単に説明しますね。Clanには「集合体」という意味があり、VTuberが集まる場として名付けました。

現在は、100名以上のVTuberの活動をサポートしています。具体的には、VTuberが出演するイベントの企画運営や、企業とVTuberを仲介することでコラボやタイアップ企画を推進することなど。大事なのは、これが所属事務所としてVTuberと独占契約するのではなく、あくまで自由参加のネットワークを母体として行なっていることです。

V-Clanに参加してもらうことで、YouTubeで活躍していたVTuberが、セールス、プロモーション、あるいはクリエイティブといった、日本テレビの力を使って活躍の場を増やしてもらえたら良い。そんな思いが根底にあります。

企業のブランディングや採用活動、キャリアに役立つ情報を配信中

文=守下綾乃

YouTubeSNStwitter

PICK UP

あなたにおすすめ