Close RECOMMEND

Forbes JAPAN Web編集部

川崎鷹也(左)、武井壮(右)  撮影:川田洋司

「百獣の王」を名乗り、タレントとして活躍する武井壮が、新たなプロジェクトを始動する。「#スポーツを止めるな #音楽を止めるな」──コロナ禍で活躍の場を失ったり、不安を抱えたりしているアスリートやミュージシャンら、異業種の才能を結びつける活動だ。コロナ禍でアピール機会を失った学生アスリートを支援する活動「#スポーツを止めるな」(一般社団法人スポーツを止めるな主催)とも連携する。

武井は24歳で陸上十種競技の日本チャンピオンに輝き、その後ゴルフの経験ゼロでメーカーが主催するキャンプの特待生として米国留学へ。台湾のプロ野球チームでコーチをしたり、本田圭佑氏がオーナーをつとめるサッカーチームEdo All United で監督を務めたり、いまでも毎日のトレーニングも欠かさない。スポーツとは切り離せない人生を送ってきた。

そんな彼が今回のプロジェクトで手を組んだのは、シンガーソングライターの川崎鷹也だ。2020年8月、TikTokで「魔法の絨毯」が大きな話題に。同曲を使った動画が2万7000 本以上アップされ、トータルで約2億6千万回以上もの再生回数を誇る。

意外とも思えるこのコラボでできたのが、プロジェクトを象徴するキャンペーンソングだ。5月5日には、そのショートバージョン(60秒)がTikTokで先行配信される。歌唱には多くのアスリートたちが参加する予定だという。

コロナ禍によるイベントや大会の中止などで、いま、スポーツ業界も音楽業界も苦境に立たされている。しかし、苦しい時に希望や勇気を与えてくれるのもまた、スポーツや音楽の持つ力だ。

発起人の武井と楽曲を手掛けた川崎に、このプロジェクトに込めた思いを聞いた。


──なぜこのプロジェクトを始めたのでしょうか?

武井壮(以下、武井):オリンピックが1年延期されたことは、僕や周りのアスリートたちにとっては、近年経験したことがないほど大きな出来事でした。オリンピック出場って、アスリートにとっては、人生を変えられるチャンス。それが奪われた衝撃は大きく、いまも不安のなかで過ごしている選手は多いと思います。

このコロナ禍で僕が改めて痛感したのは、スポーツって安全で平和な暮らしがあってのものなのだということ。落ち込んだアスリートも多かったはずです。音楽業界でも似たようなことが起きていますよね。ライブやイベントがどんどん中止になって、ミュージシャンだけでなく、支えるスタッフさんたちも苦しんでいる。

しかし、人々が辛いときにこそ力をもらえるのも、スポーツや音楽、そしてエンターテインメントの力ですよね。だって、僕らはただ働いて人生を終えるために生まれてきたわけじゃない。人生って楽しいとか、毎日が幸せだとか、地球って美しいとか、それを感じるために生きているんだから。

いまスポーツや音楽を止めてしまったら、未来に対して大きな損失になる。その歩みを止めないために、いまスポーツ界や音楽界は何をするべきなのか。既存のやり方に縛られず、何ができるのか。大好きなスポーツと音楽を混ぜ合わせたら、何か新しいエンターテインメントが生まれるんじゃないか。そういう思いで、一歩進もうと始めました。

構成=松崎美和子 撮影=川田洋司

PICK UP

あなたにおすすめ