「nosh」6食プラン 3880円+税(1食あたり647円)

自宅にいる時間が増え、食事の支度を考える回数が増えてツライ……。そんなとき、「宅食」に頼るのはどうだろうか。「Marisol」WEBエディターMMが、SNSなどで評判の宅食サービス「nosh(ナッシュ)」を試してレポートする。


在宅ワークをしていると、通勤時間がかからない、自宅の落ち着いた環境で仕事に集中できるなど、在宅で仕事するメリットもあるのですが、家事の負担が増えたと感じることはありませんか? 

自宅にいる時間が長いと、朝昼晩と3食自炊。自分一人だけの日もあれば、家族がいる日はその分まで用意。自炊した分、そこに食器洗いも加わる。食事の用意を負担に感じていたので、最近は仕事が忙しい時期だったこともあり、在宅ワークでも自宅近くのコンビニのごはんでランチを済ませていました。

そんなとき、耳にしだした「宅食」というワード。お弁当やお惣菜を定期宅配してくれるサービスのことをいうのですが、飲食店から料理をデリバリーしてもらうのとは異なり、栄養バランスに配慮したメニューを提供しているサービスが多いのが特徴なんだそう。

食事内容が偏ってきて、体が重くて疲れやすいなと感じていたので、この宅食サービスを試してみることに。SNSなどでの「ヘルシーなのに、おいしい!」という声を多く見かけた「nosh(ナッシュ)」でオーダーしてみました。

noshでヘルシーメニューを頼んでみた!


null

今回オーダーすることに決めた「nosh」は、“健康で美味しい食事が自宅で手軽に楽しめる”というコンセプトの宅食サービス。

メインと副菜が入ったお弁当タイプのメニューは、自社のシェフと管理栄養士が開発。そしてどのメニューも1食あたり、糖質30g以下、塩分2.5g以下に抑えられているとのこと。糖質や塩分は、外食や買ってきたお惣菜のメニューが続くと、どうしても気になる部分。それにこの数値は自炊でクリアするのもなかなか難しいと思うので、ダイエットをする際にも助かりそう。

メニューはすべて冷凍の状態で届くので、冷凍庫で保管して食べたい時にチンするだけ。買い出しの時間もかからずに、あたたかくて健康的な食事ができるのはうれしいですね。

null

注文はnoshのウェブサイトから。まずは配送間隔と、1回に配送される食数を選択します。

自分のライフスタイルにあわせて配送間隔と食数の両方を選べるので、食べ切る前に次のが届くといった心配もなさそう。定期配送サービスですが、旅行などで家をあけることがある際は、スキップや停止ができるのもうれしいポイントです。

6食・8食・10食の3種のプランがありますが、食数が増えるほど1食あたりの料金がお安くなる仕組み。一番単価が安くなる10食プランが人気なようですが、初めての購入で一度に10食分届いても冷凍庫に入り切るかが不安だったので、6食プランからスタートしてみることに。

ちなみに1食あたりの基本の価格は、6食セットだと647円+税、10食セットだと568円+税。6食セットでも、わたしがお惣菜やお弁当を買う時に使う金額とほぼ変わらないので、割高には感じませんでした。そして継続していくと累計の購入食数に応じて割引が適用されるので、さらにお得になるという仕組みです。

プランも途中で変更が可能なので、どのくらいのペースでお弁当を消費していくかわかったらそれに合わせて、食数を変更するのがいいかもしれません。

文・写真=WEBエディターMM

PICK UP

あなたにおすすめ