世界が直面する課題の解決方法

テクノロジーの活用で、ヘルスケアの改善を目指す(Shutterstock)

米カーボンヘルス社が、全米30都市に新型コロナ専用のポップアップクリニックを開設し、医師によるテレビ通話診療を提供しています。

同社はテクノロジーを活用して診療予約や事務手続きなどを自動化することにより、困難だと言われるヘルスケアシステムの運用を効率化し、医師の時間の有効活用を促しています。これは治療をより効果的に行うことや、医療費の削減にも繋がるといいます。世界経済フォーラムの動画でお伝えします。






連載:世界が直面する課題の解決方法
過去記事はこちら>>

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ