Close RECOMMEND

「おうち活動部」でレンタルしたNEBULA CAPSULEⅡのプロジェクター

“おうち時間”の過ごし方のパターン、尽きてきませんか? GWをどうするか考えていたときに見つけた「ホームシアター」のレンタル。休暇を楽しくしてくれそうなアイテムを、「Marisol」WEBエディターMMが試してレポート。


休日のおうち時間の過ごし方がマンネリ化してきてしまい、今年のGWはどう過ごすべきか……と悩んでいたところ、ホームシアター機器のレンタルサービスを発見。ダスキンが運営しているレンタルサービス事業の一環で、「おうち活動部」というおうち時間を充実させるものに特化した商品を借りることができるサービスだそう。



ホームシアター以外にも、ベランダや家の外壁を掃除したいときに試したい高圧洗浄機や、おうちで子どもと過ごす日によさそうなプラネタリウムパックなど、さまざまなレンタルパッケージがありました。

ダスキンでホームシアターパックをレンタルしてみた!



ダスキンレントオール「おうち活動部」 ホームシアターパック 3泊4日 6600円(追加1日 660円)

土日に続いて月曜日がオフという、3連休になるタイミングがあったので、そこに合わせて「ホームシアターパック」をレンタルしてみました。

NEBULA CAPSULEⅡのプロジェクター。モバイルプロジェクターとして、かなり人気の高い機種です。プロジェクター欲しいなぁと思い、ネットでいろいろ調べたときにクチコミも高評価だったので、試せるのはうれしい。それと、レンタルを申し込む際に希望を出していたスクリーン用の白布です。レンタル料金は、3泊4日で6600円(※白布は追加料金なし)。

プロジェクターがある生活に憧れていたものの、家具に隠れて白壁が確保できるスペースがわたしの家にはなし……。

唯一スクリーンになる白布を掛けられそうだったのが、客間にしている和室の出窓。壁掛けホームスクリーンを常設するのは難しくても、白布を一時的に貼るだけなら可能でした。



白布の大きさは、160×300cm。この大きさがあれば、大画面スクリーンとして活用できますね。壁にピンで、カーテーンにクリップでなど、場所に合わせて固定して使用すればOK。今回は、洗濯バサミで簡易的に固定しました。

部屋の電気を消して、充電しておいたプロジェクターをオン。プロジェクターからスクリーンまでの距離に応じて、投影画面のサイズやフォーカスが自動調整されます。色や画質も想像以上にキレイ!



「NEBLA CAPSULEⅡ」は、Android TVを搭載しているプロジェクター。なので自分のGoogleアカウントでログインすると、パソコンやスマホなどと連携させなくても、プロジェクターに動画・音楽アプリ等をダウンロードして視聴することができます。

休日、自宅での動画鑑賞に特別感を出してみた!




週末、姉が子どもを連れて遊びに来たので、ホームシアターを早速活用。スマホからミラーリングして投影する方法でも使用できるので、姉のスマホに入っていたアプリからディズニー映画をセレクト。映画館気分で見れるからか、大人もしっかり楽しめました(笑)。

PICK UP

あなたにおすすめ