Close RECOMMEND

Getty Images

3月25日に米国産婦人科ジャーナル(American Journal of Obstetrics and Gynecology)に掲載された研究論文によると、妊娠中または授乳中の女性が新型コロナウイルスのワクチンを接種した場合、一般的な副反応のリスクを上げることなく免疫を獲得できるばかりか、ワクチンの効果が子どもに受け継がれる可能性があるとわかった。

妊娠中の女性にもワクチンは同等の効果を発揮


131人の女性を対象としたこの研究では、全員がモデルナ製またはファイザー製のワクチンを接種した。その結果、妊娠中もしくは授乳中の女性は、それ以外の女性と同程度の免疫を獲得したことがわかった。

また、研究中に採取されたすべての臍帯血(へその緒や胎盤に含まれる血液)および母乳のサンプルから抗体が検出され、母体から子どもに免疫が受け継がれる可能性があることを示した。

ワクチン接種後の副反応についても、参加者の追跡調査を行った結果、妊娠・授乳中の女性のほうが副反応が重くなるエビデンスは見つからなかった。

さらに、ワクチンを接種した女性の抗体価は、妊娠中に新型コロナウイルスに感染して免疫を自然獲得した場合に比べて「大幅に高い」ことがわかった。

母体の抗体が子どもに受け継がれる個人の例は以前も確認されているが、妊娠・授乳中の女性は新型コロナウイルスワクチンの初期の臨床試験の対象から除外されていたため、この種の研究としては今回が最大規模になる。

なお、この研究論文はまだ査読を受けていない。

妊娠中の女性はコロナ感染後に重症化しやすい


研究に参加した131人の女性は全員が生殖可能年齢だった。そのうち84人が妊娠中、31人が授乳中で、16人は臨床試験を受けた時点で妊娠していなかった。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、妊娠中の女性は一般女性群に比べて、新型コロナウイルス感染後に重症化するリスクが高く、入院や集中治療、人工呼吸器を必要とする傾向が強いという。調べによると、7万3600人以上の女性が妊娠中にコロナウイルスに感染し、少なくとも80人が死亡している。

この研究はラゴン研究所(マサチューセッツ総合病院、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学と提携)、マサチューセッツ総合病院、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院など、ボストンエリアの複数機関の研究者がチームを組んで行った。

翻訳・編集=大谷瑠璃子/S.K.Y.パブリッシング 

PICK UP

あなたにおすすめ