Close RECOMMEND

デジタル・トレンド・ハンズオン

アップルが発表した紛失防止スマートタグ「AirTag」。500円玉をひと回り大きくしたようなサイズ感だ

アップルが日本時間4月21日の深夜に「春の祭典(Spring Loaded)」と題したオンラインイベントを開催、iPhoneにiPad、Macを含む多くの新製品を一斉に発表した。新生カテゴリーの紛失防止トラッカー「AirTag」もベールを脱いだ。

アップルの新しい製品やサービスは日々の生活にどう役立つのか。独自の取材により得た情報を加えながら解説する。

格安3800円のAirTagの本当の価値


AirTag(エアタグ)はバッグや財布、鍵など大切な持ち物に装着して紛失を防ぐためのスマートタグだ。Bluetooth Low Energyと、iPhone 11シリーズ以降のU1チップを搭載するiPhoneとの組み合わせでは超広帯域無線通信の技術を使って、iPhoneなどデバイスの「探す」アプリから位置情報を正確に追跡できる。

iPhoneの「探す」アプリに登録したユーザーのAirTagは「持ち物を探す」タブに表示され、現在位置や最後に確認された場所がマップ上で確認できる。

AirTagを付けた物をどこかに置き忘れたり、万一盗難に遭遇してBluetoothの通信圏内から外れてしまった場合、アプリからAirTagのステータスを速やかに「紛失モード」に切り換える。すると自分以外のユーザーが使うiPhoneどうしがつながる広大な「探す」ネットワークを足がかりにして、見失ってしまった大切な持ち物が探せる。


左側は「探す」アプリに新設される「持ち物を探す」タブ。こちらからAirTagが追跡できる。右側はU1チップを搭載するiPhone 11シリーズが利用できる「正確な場所を見つける」機能の画面。方向を意識しながらAirTagの所在を確認できる

アップルはAirTagを発表する少し前に、他社のアクセサリーや周辺機器メーカーが手がける製品も「探す」ネットワークに参加できるように「The Find My Network Accessory Program」という認証プログラムを立ち上げた。今春後半に仕様を公開する。これに呼応する形でVanMoofの電動自転車、Belkinのワイヤレスイヤホンなどが「探す」ネットワークへの参画を表明している。

アップルは、「探す」ネットワーク対応アクセサリープログラムに「あらゆるカテゴリーのアイテムを手がけるパートナーが参加してほしい」と積極的に呼びかけている。ユーザーの位置情報や行動履歴、プライバシーが望まぬ形で他者に渡らないようにセキュアな技術も確立したこともアピールしている。

AirTagは1個3800円から。アップルのプロダクトとしては驚くほどに安価だ。アップルの真の狙いはAirTagを数多く売って儲けることではなく、多くのユーザーが「探す」アプリによる利便性を体験できるように、独自の探索ネットワークの網をきめ細かくしながら拡大するところにある。あたかも名刺を配るような感覚でAirTagを販売できるように戦略的な価格とし込んだのだろう。

今後大事な持ち物を紛失したり、盗まれても「iPhoneで探せる」ことが常識になれば、AirTagはユーザーに大きな価値をもたらしたことになる。


エルメスのAirTagバッグチャーム。AirTagの登場はApple製品のアクセサリー市場にも活力を与えることになりそうだ

文=山本 敦

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ