世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


以下、今年の日本長者番付トップ10の顔ぶれを紹介する。

1位 孫 正義(ソフトバンクグループ)/444億ドル
2位 柳井 正(ファーストリテイリング)/420億ドル
3位 滝崎武光(キーエンス)/258億ドル
4位 佐治信忠(サントリーホールディングス)/97億ドル
5位 永守重信(日本電産)/90億ドル
6位 高原豪久(ユニ・チャーム)/80億ドル
7位 三木谷浩史(楽天)/75億ドル
8位 似鳥昭雄(ニトリ)/52億ドル
9位 重田康光(光通信)/51億ドル
10位 毒島秀行(三共)/44億ドル

4人+1家族がビリオネアに


コロナ禍のこの1年で、新たなビリオネアも誕生した(うち1人は、家族の資産と合わせて10億ドル以上を保有)。そのメンバーは、以下のとおり。

40位:谷村格/14億2000万ドル(インターネットを利用した医療関連サービスのエムスリー代表取締役)
45位:中村崇則/12億6000万ドル(クラウドサービスのラクス代表取締役)
47位:寺下史郎/12億4000万ドル(投資家向け広報活動・株主情報に特化したコンサル業務のアイ・アール・ジャパンホールディングスCEO)
49位:元榮太一郎/12億ドル(電子契約サービスなどの弁護士ドットコム創業者)
27位:内山家/20億5000万ドル(半導体関連装置のレーザーテック創業家)

ランキングは本人や証券取引所、アナリスト、企業の財務諸表などから得た情報を基に作成。非公開会社の価値は、類似した公開会社の財務比率などと比較して推計した。各氏の保有資産は、家族の資産を含む場合もある。また、番付には日本に事業基盤を持つ外国籍の人も含まれる。

資産額は2021年4月5日の取引終了時の株価の終値と為替レートに基づいて算出。3月5日の株価に基づき決定した世界長者番付とは、順位が異なる場合がある。

日本長者番付の全順位は、www.forbesjapan.com/feat/japanrichで公開されている。

編集=木内涼子

柳井正孫正義

PICK UP

あなたにおすすめ