Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ソフトバンクグループの創業者 孫 正義(Tomohiro Ohsumi/Getty Images)

フォーブスは4月22日、2021年板「日本長者番付」を発表した。新型コロナウイルスのパンデミックが続く中でも、日本の富豪上位50人の資産は合計で2490億ドル(約27兆円)となり、昨年の1680億ドルから48%増加した。

また、今回の番付では50位の富豪の保有資産が11億5000万ドルとなり、初めて10億ドルを超えた。昨年の50位の資産額は8億1000万ドルだった。

【ランキング】日本の富豪トップ50>>

日本は昨年中に輸出額が増加に転じたほか、近く開催予定の東京五輪への期待感もあり、日経平均株価は前年比で約54%上昇している(2020年度期末時点)。

3年ぶりに孫がトップ


最新の番付で1位となったのは、ランク入りした50人の中で最も大きく資産を増やしたソフトバンクグループの創業者、孫正義。資産額は昨年の2倍を超える約444億ドルとなった。

出資するフードデリバリーの米ドアダッシュ(DoorDash)や、「韓国のアマゾン」と呼ばれる同国のネット通販大手クーパン(Coupang)の新規株式公開(IPO)も、資産の増加に大きく貢献している。

過去2年間トップにつけていたファーストリテイリングの会長兼社長、柳井正は、1ランク下げはしたものの、資産は昨年から約90%増加。およそ420億ドルとなっている。

3位と4位は昨年と同じ、キーエンス創業者で名誉会長の滝崎武光と、サントリーホールディングスの会長、佐治信忠だった。昨年と今年の資産額は、滝崎が198億ドル、258億ドル。佐治が94億ドル、97億ドルとなっている。

5人は資産が倍増


ランキングに入った富豪のうち5人は、1年間で資産を倍以上に増やした。その1人が、今回始めてトップ5に入った日本電産(Nidec)の創業者、永守重信だ(資産額90億ドル)。コロナ禍で、同社が手掛けるコンピューターやハードディスクドライブ、家電製品向けのモーターの売上高が急増した。

もう一人注目に値するのが、中古品を売買できるフリマアプリ、メルカリの創業者、25位につけた山田進太郎だ(22億ドル)。主に利用者の増加により、資産の増加率では50人中トップとなっている。


メルカリ代表取締役兼CEO 山田進太郎 (c) Mercari

編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ