Close RECOMMEND

(C)1upHealth

リッキー・サフー(Ricky Sahu)の使命は、紙の診療記録による専制から患者を解放することにある。10年以上にわたり、診療記録をデジタル化するよう連邦政府が医療システムに促してきたにもかかわらず、一部の患者の記録は依然として郵便で共有され、場合によってはファックスが使われることさえある。

サフーが興したスタートアップ企業「ワンアップヘルス(1upHealth)」の狙いは、そうした慣行に終止符を打ち、医療データをクラウドで流通させるインフラを構築することにある。ボストンを拠点とする同社は4月14日、シリーズB資金調達により2500万ドルを獲得したと発表した。同社はこの資金をもとに、保険会社のあいだで足場を広げようとしている。

それが実現すれば、同社はより多くの患者に対して、臨床データと保険金請求記録の組み合わせを提供できるようになる。治療体制を改善するためには、それが必要だと同社のCEOを務めるサフーは言う。「このふたつを結びつければ、質とコストの改善が確実に促進される」

患者にとって、実際のところ何を意味するかを説明しよう。患者が転職する際には、新しい健康保険プランへ移行するために、毎回果てしない手続きが生じることもめずらしくない。書類に必要事項を記入し、病歴を何度も反復し、医師との関係をまた一から築きあげる――それもこれも、ライバルどうしの保険会社のあいだでデータを移動できないせいだ。

ワンアップヘルスにより、患者の医療データが「自由化されることで、治療の途上で、どこへでも必要な場所へ行けるようになる」と、今回のシリーズB資金調達を主導したF-プライムキャピタル(F-Prime Capital)のパートナー、カール・バイヤーズ(Carl Byers)は述べている。

今回の資金調達には、ジャクソン・スクエア・ベンチャーズ(Jackson Square Ventures)、エニアック・ベンチャーズ(Eniac Ventures)、ソーシャル・レバレッジ(Social Leverage)といった前回の出資者も引き続き参加した。こうした出資者はこれまでに3540万ドルを調達したワンアップヘルスに対して、クラウド・データウェアハウスのスノーフレーク(Snowflake)が医療業界にもたらしたような創造的破壊を期待している。スノーフレークは、ソフトウェア会社としては史上最大規模の新規株式公開(IPO)により34億ドルを調達し、現在の時価総額はおよそ680億ドルとなっている。

翻訳=梅田智世/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ