Close RECOMMEND

Yasin Ozturk/Anadolu Agency via Getty Images

電気自動車(EV)大手、米テスラの株価は19日、先週末に起きたテスラ車の死亡事故を受け急落し、同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の保有資産額は大幅に下落した。

テスラ株は米東部時間3時45分(日本時間20日午前4時45分)時点で先週末比3.8%安となり、フォーブスの推計によるとマスクの資産額は56億ドル(約6000億円)減の1741億ドル(約19兆円)となった。マスクは現在、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO(資産額1959億ドル)、仏LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンのベルナール・アルノー会長兼CEO(同1803億ドル)に次ぎ、世界第3位の富豪となっている。

テスラ株下落のきっかけとなったのは、米テキサス州ヒューストンで17日に起きた事故。報道などによると、テスラの2019年型「モデルS」が猛スピードで木に衝突・炎上し、男性2人が死亡した。地元当局によれば、事故当時、運転席は無人で、男性2人のうち片方は助手席に、もう片方は後部座席に座っていた。

炎上した車の消火には4時間を有し、消防当局はテスラにも協力を求めたという。EVはガソリン車よりも危険性が高いとは限らないものの、米運輸安全委員会によれば、高電圧とリチウムイオン電池が原因で、一度鎮火しても再び出火する恐れがある。

事故を受け、半自動運転を可能とするテスラの「オートパイロット」機能に関する疑念が再燃している。当局は事故車が当時、同機能を使用していたかどうかは分からないとしているが、ここ数か月で関連が疑われる事故が相次いだことから、同機能への注目が集まっていた。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ