Close RECOMMEND

Getty Images

ドイツのスタートアップであるGroverは、スマートフォンやラップトップなどのガジェットをレンタルできるサブスクリプションサービスを運営している。同社は新たに5300万ドルを調達した後、米国に事業を拡大する予定だ。

Groverは、すでにドイツ、オーストリア、オランダで16万5000人の顧客を抱えており、小売店パートナーからガジェットをレンタルできるサービスを展開中だ。ベルリン本拠の同社は、5300万ドル(約58億円)の資金をJMS Capital-EverglenやViola Fintech、Assurantなどから調達し、1700万ドルをデットで調達した。

Groverの創業者でCEOのMichael Cassauは、「当社のハードウェア・アズ・ア・サービス型のビジネスモデルは、人々に借金を負わせるのではなく、役に立たなくなった製品を返却可能にし、フレキシブルなライフスタイルを可能にする」と述べている。

Cassauによると、今回のシリーズBの調達資金はGroverの米国およびスペインへの進出、既存市場での成長、そして独自の金融サービス商品の開発のために用いられるという。同社は返済能力が証明されている顧客に低金利でローンを提供することや、複数のガジェットを利用する顧客に、キャッシュバックを行うことを検討中という。

サーキュラー・エコノミー(循環型経済)というコンセプトは、ファッション業界にも浸透しており、Rent The Runawayを筆頭に新たなスタートアップが登場している。しかし、このモデルを一般消費者向けのガジェットに適用するGroverは、逆風に直面する可能性がある。同社は、独自の分割払いプランを提供するアップルのような巨大企業や、後払い型のサービスを提供するフィンテック企業のKlarnaやAffirmと競合する可能性もある。

「Groverは、後払いサービスを必要とする人や現金支出を抑えたい人、借金をしたくない人のための代替手段となる。KlarnaやAffirmの場合、顧客がサービスを使い過ぎて、大きな借金を背負ってしまう可能性がある」と、Cassauは話す。

Cassau はロケットインターネットに勤務した後、2015年にGrover を設立し、2018年のシリーズAで3100万ドルを調達し、2019年のプレシリーズBラウンドで4500万ドルを調達した。同社の既存出資元としてはAugmentum FintechやCircularity Capitalm、Seedcamp、Samsung Nextなどが挙げられる。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ