Close RECOMMEND

I cover career advancement, career change, and entrepreneurship.


5. 他者と一緒に働ける人か?


コンサルタントはある特定の目的のため雇われている部外者なので、社内の従業員には受け入れてもらえないかもしれないし、あなたは直接つながりがある人や重要な関係者を除き顧客企業の同僚を知ろうとしたことがないかもしれない。

コンサルタントは具体的なニーズに合わせて結成・解散されるプロジェクトチームに慣れているだろうが、同じような顔触れと長い間、緊密に連携したことはどれほど頻繁にあるだろうか?

面接プロセスでは、直接尋ねられるかどうかは別として企業側のこうした懸念に対処しなければならない。

雇用主はこうした懸念があっても、攻撃的だと思われたくないために、あるいはこうした懸念は明白でコンサルタントが自発的に話してくれるだろうと期待しているために具体的に尋ねようとしないかもしれない。または意思決定の場でこうした懸念が浮上し、あなたにはどうしようもないこともある。

この問題を、単刀直入になってくれない企業のせいにしないこと。どのような質問を受けたにせよ、面接をうまく乗り切る方法を心得ておこう。こうした共通の懸念に先回りして対応し、コンサルティングの経験が良い理由で目立つようにすること。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ