Close RECOMMEND

I write about photography and related subjects.

Getty Images

アップルが今年発売するiPhone 13シリーズには、複数の強力なアップグレードが盛り込まれる見通しだが、そのうちの1つは最上位機種のPro Max限定となる模様だ。

すでに報じられたリーク情報では、iPhone 13シリーズには、まったく新しいソフトウェアベースの手ぶれ補正システムに加え、静止画だけではなく動画でも背景をぼかすことができるポートレートビデオ機能が追加されるという。さらに、今回の最新情報によると、カメラのハードウェアも大幅にアップグレードされる見通しだ。

この情報は、著名アナリストのミンチー・クオによるものだ。クオによると今年のiPhone 13 Pro Maxの広角カメラにはF1.5のレンズが搭載され、暗所撮影性能やボケ味が向上するという。

現行モデルのiPhone 12シリーズの広角カメラのF値は1.6となっており、アップルはiPhone 13シリーズのPro Maxを除くすべてのモデルで、この仕様を維持すると予想される。つまり、iPhone13 miniやiPhone13、iPhone13 Proの広角カメラのレンズはすべてF1.6になる見通しだ。

ただし、クオは昨年11月時点で、iPhone 13のProモデル2種類の超広角レンズが、F 1.8になると予測していた。

レンズの口径はカメラの性能を左右する重要な要素だが、集光性能に関しては、センサーのサイズも非常に重要だ。センサーが大きければ大きいほど、同じF値でより多くの光を取り込むことができる。

センサーのサイズは、スマホのカメラ性能を語る上でますます重要になりつつある。ファーウェイやシャオミなどのアップルの競合は、メインカメラに大型のセンサーを採用しているが、iPhoneの場合は比較的小型のセンサーを用いている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ