Close RECOMMEND

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

Getty Images

世界最悪の交通渋滞で知られるロサンゼルスの交通局は、61億ドル(約6670億円)という莫大な費用で建設される自動運転のモノレールの建設を検討中だ。

LAの交通局は先日、中国のBYDが率いるコンソーシアム「LAスカイレール・エキスプレス」に最大6360万ドルを支払うことを決定した。この費用は、モノレールの建設そのものではなく、PDA(pre-development agreement)と呼ばれる協定に基づく事前のリサーチのための資金だ。

BYDは、LAのフリーウェイ405号線の上を走る、長さ15マイル(約24キロ)の8つの駅を持つモノレール路線を建設しようとしている。

また、建設会社のベクテルが提案した高速道路の下を走る地下鉄建設プロジェクトのプランも、最大6990万ドルのPDA資金を獲得した。L.A.メトロによると、どちらの案を採用するかは2025年までに決定されるという。

英国のジョン・レイング・グループやスウェーデンの建設会社スカンスカ、米国の建築会社ゲンスラーなども参加するスカイレールの担当者は「この20年でモノレールの技術は大きく進歩した」と述べた。

モノレールはドイツや日本など世界各地で利用されている。新世代のモノレールは、中国で開業したほか、インドやブラジルのサンパウロ、カイロ、バンコクなどで建設中だ。今回のロサンゼルスでの新型モノレールのプロジェクトは、米国では初の試みとなる。

BYDは、中国で複数のモノレール路線を建設しており、ブラジルなどのプロジェクトにも技術を提供している。ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイが8.2%の株式を保有するBYDは、LAに北米本社を置き、カリフォルニア州ランカスターにある自社工場で製造したEV(電気自動車)バスをLAの交通局に販売している。

BYDのモノレール案は、ロサンゼルス郡交通局がコストや技術的な実現可能性などを考慮した結果、第一候補に選ばれた。

イーロン・マスクのハイパーループは却下


イーロン・マスクは、405号線の下にトンネルを掘って真空のチューブの中に列車を走らせるハイパーループを提案した。しかし、マスクが運営するボーリング・カンパニーは、ロサンゼルス郡には選ばれなかった。

UCLAとカリフォルニア大学バークレー校の名誉教授で、長年にわたりLAの交通問題に携わってきたマーティン・ワックスは、モノレールについてやや懐疑的ではあるものの、それがLAで機能する可能性には前向きだ。しかし、マスクのハイパーループは実現の見込みが無いと語る。「マスクはいろんなことを言っているが、実現するとは思えない」と、彼は述べた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ