世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

左:徳島県徳島市市長・内藤佐和子氏と右:マクアケ共同創業者/取締役・坊垣佳奈氏。

「アタラシイものや体験」の応援・購入サービス「Makuake」を運営するマクアケと徳島県徳島市が25日、中小企業支援に関する連携協定を締結した。

「Makuake」の活用を通した徳島市の中小企業等の販路拡大支援、そして女性・若者の活躍推進を目指す。

マクアケ共同創業者・取締役である坊垣佳奈氏は、現在36歳の女性経営者。そして、徳島市市長・内藤佐和子氏も奇しくも坊垣氏と同じ36歳(※記者会見当日の年齢であり、28日より37歳となった)で、昨年4月、日本最年少の女性市長として注目を集めた存在だ。

徳島市のあるオンラインセミナーで出会ったという二人は、共通のバックグラウンドの多さからお互いに感覚の近さや理念など共鳴する部分を感じたこともあり、今回連携協定を結ぶに至ったという。

記者会見・トークセッションの場で、坊垣氏と内藤氏に「日本の組織におけるジェンダー課題やその解決方法」について聞いた。


女性が活躍する企業と自治体が提携


マクアケはこれまで、「Makuake」の運営を通じて、各地で作られるこだわりの商品やフード、お酒、飲食店、イベント、コンテンツ、伝統工芸の新たな挑戦など、1万3000件以上のプロジェクトをサポートしてきた。全国100社以上の金融機関と連携して日本各地の事業者を支援しており、東京本社の他にも関西支社、九州拠点、名古屋拠点を設け、各地域に根ざしたサポートに力を入れている。

今回の取り組みは、女性の社員割合が約5割、管理職登用率が約4割に上るなど、女性の活躍推進にも注力しているマクアケが、全国史上最年少の女性市長となった徳島市の内藤市長が掲げる「女性・若者活躍推進」などの考えに共鳴したことがきっかけとなり、実現に至ったという。

徳島県は、女性社長の比率が全国で2番目に高い県だ。またふるくから、元気に活躍する働き者の女性、という意味の「阿波(あわ)女」という言葉がある。内藤氏は、そんな徳島から女性が活躍しやすい社会にむけて発信していきたいと話す。

連携概要は、以下の通りだ。

【Makuakeを活用した中小企業等の販路拡大支援】
Makuakeでのプロジェクト実施にあたっての助言等(商品開発支援、徳島の特産物ブランディング支援等)
Makuake活用セミナー等の実施

【女性・若者活躍推進(女性・若手経営者・起業家支援)】
女性経営者を対象としたセミナー等の実施
テーマ型セミナー(「女性目線で考えるものづくりセミナー」等)の実施
Makuakeでのプロジェクト実施にあたっての助言等(商品開発支援等)
Makuakeサイト内での特集ページの作成

【 Makuakeガバメントの活用促進】
阿波おどりでプロジェクトを実施(時期調整中)
地域課題解決のためのMakuakeガバメント組成にあたっての助言等

取材・文=長谷川寧々

PICK UP

あなたにおすすめ