世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

この話題にはあなたもきっと関心を持つだろう──何しろお金の話だ。しかも、賢い判断と少しの運があれば、あなたの全財産は大きく増えるかもしれない。


数多く登場しているデジタル通貨の中でも、最近特に注目したい通貨のひとつ、それがイーサリアム(ETH)。利益率が急上昇中で、仮想通貨の中でも際立った存在だ。

人気が高まるイーサリアムの価格は急速に伸びており、ライバルであるビットコインを成長率で上回る。仮想通貨の知識がなくても、これがリアルな価値であり、莫大な儲けになりえることは誰でもわかる。実際にビットコインに挑戦してみた人、特に初期のいい時期に投資した人の多くがそうなった。現在のビットコインの価格は48000ドルだ。驚いたことに、いまだに仮想通貨は偽物だと言う人もいるが、そういう人に出会ったら、未来はきっと全取引が仮想通貨で行われるだろうと教えてやりたい。

投資する人々が増えたことで、ビットコインの価値は大幅に上昇した。それ以来、ほかにもさまざまなデジタル通貨が市場に登場している。利益率を伸ばした通貨も多いが、ぱっとしないままだった通貨もある。

null
Wonderfulengineering.com

そして今、イーサリアムが、ビットコインに肉薄する存在になりつつあるようだ。価格は、最近25%も上昇して1475ドルに届いたほどで、良い投資対象であることは間違いない。しかも、それで終わりではなく、さらなる利益率の上昇も近いうちにあると予想されている。ビットコインもほんの4年前にはその価格だったのだから、イーサリアムの価値が今のビットコインと同じくらいまで上昇する可能性も期待できる。もしかしたら、イーサリアムがビットコインを追い抜く日だって訪れるかもしれない。

今だからこそ、デジタル通貨はニーズがある


パンデミックに見舞われた昨年、ほとんどのビジネスが世界規模で大きく失速した。コロナによって多くのビジネスが阻害されたことは、統計にもはっきり表れている。その一方で、デジタル市場を含む一部のビジネスは堅調な結果を出し、成長の希望すら示していた。今の私たちに必要なのは、パンデミックの影響をなるべく受けない効率の良い取引方法を、できるだけ早く特定していくことだ。しかもビジネスの価値と安全性が高まるなら、そうした取引手段の意味は大きい。これらのメリットに加えて、「確かな増価」が重要なキーワードだ。保有している額の価値が大きく増えるかもしれない。

昨年の株式市場は全体的に低調だった。幸いにもその後は安定を取り戻し、S&P 500指数は現在でも年間成長率20%である。だが、注目すべきハイライトはそこではない。

翻訳=上原裕美子 編集=石井節子

PICK UP

あなたにおすすめ