VCのインサイト

多くのプレッシャーを抱え、混沌とした環境の中で膨大な仕事量に日々追われるスタートアップの起業家は、自分たち自身のことをつい蔑ろにしてしまいがちです。

私が起業家としてスタートアップを立ち上げたときもそうでした。夜遅くまで働き続け、ほとんど運動もせず、睡眠をおろそかにし、食事もコンビニで適当に済ませていました。

このようなライフスタイルの結果、仕事のパフォーマンスが落ちただけではなく、バーンアウトするところまで自分を追い込んでしまいました。スタートアップはマラソンなのに、私はそれをまるで短距離走のように考えていたのです。

ですので、以前の私のように間違った走り方をしている起業家を見かけたときは、「何よりもまず、自分のことを大切にしたほうが、結果的にスタートアップを大切にすることにもつながる」とアドバイスすることがあります。

彼らの良きパートナーとしての忠告というだけではなく、そうしたほうが彼らのみならず、彼らの顧客や社員、そしてもちろん投資家(つまり私たち!)にとってもより良い未来へとつながるからです。

そこで、「いくらなんでもやりすぎじゃない?」と言われそうなくらいセルフケアに最近熱心な私の実体験に基づき、パフォーマンスの維持に役立つアドバイスをいくつか紹介したいと思います。

ルーチンをつくる


起業家としての日々はアップダウンが激しいことが多く、まるでジェットコースターのようです。

そんなカオスな状況をある程度コントロールするためには、なんらかのルーチンを日常に組み込むことが重要です。「次の四半期の優先課題について考える時間」が必要なら、スケジュールに入れてください。「資金調達のためのイニシアチブに集中する時間」も、「ジムに行く時間」も、全てスケジュールに組み込んでください。

ここ数年のパフォーマンスに何が最も効果があったかと聞かれたら、それはおそらく一貫性に対するこだわりだと私は答えます。

ルーチンを作り、ToDoを全てスケジュールに組み込むことで、複雑で多忙な日常に秩序を作り出せるのです。自分の人生をコントロールできているという感覚につながり、ストレスを減らす効果もあります。

また、副次的な効果として、いつ何をしようかといった小さなことで悩む時間を削減し、より重要な決断のために思考のキャパシティを解放することができます。

ただし、1つ大事な注意点として、理想的なルーチンをつくるには、まず自分自身のことをよく理解しておく必要があります。

どこかの有名起業家が毎晩深夜2時まで働いていると著書に書いてあったからといって、そのルーチンがあなたにも適しているとは限りません(その起業家が本当のことを言っているとも限りません)。

夜型の人もいれば、朝型の人もいます。他にも子どもや家族がいたりなど、さまざまな要素によって、何が適しているかは当然変わってきます。

文=James Riney

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ