世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ジャケット8万2500円、デニム4万1800円、ニット2万7500円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

ニューノーマルという言葉が、すっかり浸透した昨今。定番アイテムの選び方も文字どおり新しい時代へ突入している。その筆頭がデニム。
機能や素材、作り手の哲学などが千差万別であるがゆえに、何をチョイスするかに己のポリシーが表れるのだ。


[宣言1]楽であり、きれいでもあるデニムが味方


新しい生活様式は、ビジネスのあらゆるスタイルを変えた。当たり前だった“通勤”は激減。オンとオフの垣根が曖昧になり、働く場所や仕事着の定義もまた変化した。

今回は、銀座にいながら非日常感が味わえるアートなホテルに1泊2日でステイして、リラックスしながら新しい事業の構想を練る。そんな今の時代ならではの“都心型ワーケーション”を想定し、どんなデニムを選ぶのが正解なのか考えてみた。


PCの画面上では、上半身と背景という限られた情報で即座に印象が決まる。こちらのニットは、ボーダーのピッチをあえて揃えない個性的なデザイン。こうしたさりげない遊び心や背景の空間への美意識が極めて重要な役割を果たす。


自宅でのリモートワークではなく、公共の場に外出するのだから、清潔感やきちんとした見た目は絶対条件。それをクリアしたうえで“楽である”デニムが理想的だ。とくれば、ディーゼルの「ジョグ ジーンズ」の右に出るものはないだろう。

実は上の写真、パンツだけではなくジャケットもジョグ ジーンズで、凛とした印象とは裏腹に着心地は快適そのもの。部屋でくつろいだり、急なオンライン会議に出席したり、気分転換にホテル内を回遊したり。

そのすベてに対応可能なデニムこそ、仕事がデキる男の味方になると思うのだ。

アイテムの詳細はこちら

TIME SCHEDULE



気分転換を兼ねて訪れたホテルでは、リラックスすることが最大の目的。ジャケットもパンツも見た目はデニムだが、裏面はスウェットのようなタッチでストレッチ性も十分。スマートなスタイルをキープしながら、くつろぐことができる。


[DAY1]15:30@W XYZ Bar
昼間はカフェになる1階のバーで、コーヒーを飲みながらメールチェック。ひと息ついてから溜まった仕事に取りかかる。




[DAY1]16:30@Re:MIX
ちょっと疲れたら、ラウンジスペースでくつろぎながら映像アートを鑑賞。こんなときも「ジョグ ジーンズ」なら快適そのもの。



翌日は、ベージュのデニムとシャツのワントーンでモダンに。実はこれも両方「ジョグ ジーンズ」。パブリックスペースを行き来してもだらしなく見えないのが強み。都心型ワーケーションの理想的なスタイルだ。シャツ5万2800円、デニム3万8500円、Tシャツ1万5400円、スニーカー2万5300円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)


[DAY2] 8:00@The WAREHOUSE
起きてすぐさま朝食を堪能。窮屈さ皆無のシャツとデニムなのに、しっかり品があるからレストランでも浮く心配はない。




[DAY2]11:30@Roof Dogs

開放的なルーフトップで銀座の街を眺めながらアイデアを思案。非日常な空間で心身をリセットすれば、仕事もはかどる。


ワーケーションで訪れたホテル
アロフト東京銀座
マリオット・インターナショナルが展開する次世代型ライフスタイルホテル。革新的な音楽やアートプログラム、最先端のテクノロジーに重きを置き、ロビーから客室まで、どこに行っても独創的な空間が広がる。人々の交流を促すオープンなスペースが豊富なのも特徴。

住所:東京都中央区銀座6-14-3
電話番号:03-6278-8122
www.marriott.co.jp/tyoal

アイテムの詳細はこちら

[宣言2]見た目も、地球環境にもいいデニムを選ぶ



実はデニム以外のスウェットもスニーカーも、サステナブルがテーマの「ディーゼル グリーン レーベル」でコーディネイト。環境に優しいという理由だけではなく、都会的な見た目と軽快な着心地を兼備しているから、毎日着たくなる。デニム4万9500円、スウェット2万7500円、Tシャツ1万1000円、スニーカー2万4200円、バッグ1万6500円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)


自分にとって身近なもの。毎日手に取るものほど、価値観は色濃く表れる。最近、平日もカジュアルで過ごす日が増えている、と聞く。当然ながら、デニムが登場する機会も増えているのではないだろうか。

自由にデニムをはくなら、程良いダメージがあり、長年かけて美しく色落ちしたようなライトブルーのものが気分。ディーゼルには、そんなデニム好きのこだわりを代弁するかのような加工デニムがたくさんあるけれど、こちらには“サステナブル”という付加価値がある。



ストーン未使用のウォッシュで仕上げただけではなく、素材には環境負荷を低減したBCIコットンとリサイクルポリエステルを使用。革新的なレーザー製法でユーズド感を表現した、まさに見た目良し、ポリシーありな一本だ。

ルックスと哲学を兼備したデニムを選ぶという特別感に酔いしれてほしい。

アイテムの詳細はこちら

 

[宣言3]休日のトレーニングタイムもデニムが相棒


体を動かす休日はスポーツカジュアルが定番。裾リブデザインの「ジョグ ジーンズ」なら、ナイロンパーカとの相性も抜群。どれだけ激しく動いてもノンストレスだし、経年変化で味わいも増すので、毎週末付き合うのが楽しくなる。デニム6万3800円、ジャケット3万1900円、Tシャツ1万1000円、スニーカー3万7400円、バッグ1万2980円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)、その他すべて私物


ハードなウィークデイを過ごすビジネスリーダーの休日服。オフタイムに必要なリラックス感や動きやすさを優先するなら、スウェットやイージーパンツを選択するのが道理かもしれない。

だが、オフのアクティブなシーンこそ、デニムと一緒にいたい。そんなデニムラバーの気分に応えてくれるのが、「ジョグ ジーンズ」の中でも裾をリブデザインで仕上げたスポーティなタイプだ。



スウェットライクなはき心地に加えて、裾のフィット感とシャープなテーパードシルエットが持ち味。激しく動くランやジムでも十分に活用できる“機動力”が備わったデザインは出色の出来栄え。

また、部分的にナイロン素材で切り替えているものの、すべてをインディゴ染めで統一しているため、デニムらしさを残してはけるのがうれしいポイントだ。

このありそうでなかった発想が、休日カジュアルにひと味違ったエッセンスをプラスしてくれる。

アイテムの詳細はこちら

[問い合わせ]
ディーゼル ジャパン
0120-55-1978
www.diesel.co.jp/

Promoted by DIESEL 清水将之(mili)=写真 菊池陽之介=スタイリング 須山忠之=ヘアメイク 長谷川茂雄=文 アロフト東京銀座=撮影協力

あなたにおすすめ