Close RECOMMEND

起業家たちの「頭の中」

Gracia 斎藤拓泰

贈りたいものがみつかるギフト特化ECサイト「TANP」を運営するGracia。2017年6月の設立以来、ギフトならではの「特別な体験」を創出することにより急成長を続け、19年8月には総額5億円の資金調達を発表。20年3月「お客様満足度 No.1 ギフトサイト」「No.1 ギフトECサイト」(出所:日本マーケティングリサーチ機構 20年2月期インターネット調査)にも選出された。大学在学中に同社を創業した代表取締役CEOの斎藤拓泰氏に、起業家にとって重要な素養や、TANPが目指す未来像について聞いた。(全2話中、第2話)

第1話はこちら Z世代起業家が立ち上げた「ネットとリアルを繋ぎこむビジネス」|Gracia 斎藤拓泰 #1


「投資家の視点」は成長機会の塊


──2019年8月に5億円もの資金調達に成功されています。資金調達を成功させる上でのポイントがあればお聞かせください。

まず前提として、なぜ資金が必要なのか、という理由づけをクリアにすることが大切です。

私たちの場合、ギフトの質と回数を向上させ、日本を代表するギフトプラットフォームをつくることをミッションとして掲げています。そうすることが、人のつながりを豊かにし、人を幸せにすると本気で考えているのです。

資金調達は目的ではなく、あくまでビジョン実現の過程に過ぎません。ビジョンを実現する上でどれくらい資金が必要か、その資金をどうやって調達するか、という順番で考えていくのが大切です。

──とはいえ、これだけ大きな金額を調達される上で成功ポイントがあったのではないでしょうか?

特別なことは何もしていません。

自分たちのやりたいことが何で、それに対してどのような戦略・計画を持っていて、現時点の実績がどうかというのを素直に説明していくのみです。

ただ一つあるとすると、投資家の方にはたくさん相談にのっていただきましたね。

投資家が客観的に会社のことを見たときにどう感じるか、どうすれば理解してもらえるのか、投資したいと思ってもらえるか。自分たちのやり方に固執するのではなく、実際に投資家に話を聞いて、改善を繰り返すのが一番の近道です。

──投資家からのアドバイスで、具体的に印象に残っているものはありますか?

市場におけるKSF(Key Success Factor)が何で、それを達成するためにどうするのか、というのをわかりやすく言語化・体系化する点でしょうか。もちろんすべて初めての経験でしたが、手取り足取り教えてもらう中で、徐々に事業に対する解像度も、表現スキルも上がっていきました。

おかげでたくさんの投資家の方々に投資いただいていますが、教えていただいた投資家の皆さんには感謝しかありませんね。

文=伊藤紀行 提供元=DIMENSION NOTE by DIMENSION, Inc.

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ