Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

McLaren 720S

スポーツカーだからといってマクラーレン720Sをワインディングロードやサーキットでしか走らせなかったら、これほどもったいないことはない。

そもそも、スポーツカーでビジネスミーティングに出かけたり、ちょっとした買い物に使ってはいけないなんていうルールはどこにもない。そしてマクラーレン720Sは、そんな日常遣いにもぴったりとはまるキャラクターを備えているのだ。

まず、街中を軽く流しているときの乗り心地がバツグンにいい。路面からゴツゴツとしたショックを伝えることがなければ、ヒョコヒョコと上下動を繰り返すこともない。不快な振動をきれいさっぱり吸収してしまうしなやかな足回りはボディを常に水平に近い状態に保ち、凡百のセダンであれば色を失うほどの快適性をもたらしてくれる。

視界のよさも、エンジンをキャビン後方に積むミッドシップ・スポーツカーとしては驚異的に優れている。ミッドシップがもっとも苦手とする斜め後方の視界がこれほど優れているスポーツカーはほかにない。これも、マクラーレン720Sが日常使い向きとお勧めしたくなる、大きな理由のひとつである。

さらにキャビンはオトナがゆったりと寛げるスペースが確保されているほか、インテリアの仕上げはいかにも上質。まるでプライベートジェットのような仕立てのよさだ。

720Sのハンドリングがスポーティで、しかも最高出力720psのエンジンが極めつけにスポーティなことは、F1で何度もチャンピオンに輝いた“あのマクラーレン”の作であることを思えば当然だろう。サーキットでも同クラスのスーパースポーツカーを圧倒する速さを見せつけるが、それと同時にセダン並みの扱いやすさを備えている点も見逃せないポイントだ。

そして知的でクールに見えるスタイリングはビジネスシーンにもぴったり。スーパースポーツカーで颯爽と駆けつければ、アナタのアクティブなイメージもグンと高まることだろう。

text by Fumio Ogawa

Forbes CAR
VOL.36

ポルシェ タイカンが提供するのは「楽しみ」

VOL.38

「セダン冬の時代」に進化した、レクサスLSで...

PICK UP

あなたにおすすめ