行動者のストーリー・ナラティブを届けるPR TIMES STORY

春の引越しシーズン。新たに寝具を購入、買い替える予定の方も多いのではないだろうか。

2007年に寝具業界に参入したエアウィーヴは、もともとは釣り糸の押出成形機械を製造する会社だった。創業から14年でエアウィーヴの寝具はアスリートや著名人に愛用されているだけでなく、数多くの一流ホテルや旅館に採用されるまでに成長した。

主力商品のひとつとなっているのが、「三分割マットレス」。1枚のマットレスを肩・腰・脚の3つのパーツに分割したマットレスだ。昨年、コロナ禍で営業自粛を余儀なくされる店舗が相次いだ中、このマットレスの個人向け出荷額は前年比120%と好調を維持した。

商品をひらめいたのは、代表取締役兼社長の高岡本州(たかおか・もとくに)。社の経営を危ぶむほどの ”ある大失敗” から生まれたのだという。

海外進出でまさかの事態。配送事故でクレーム殺到


寝具の販売開始から5年経った2012年、フィギュアスケーターの浅田真央さんがブランドアンバサダーに就任。さらに、ロンドン五輪で日本選手団の公式寝具に採用されると、ブランドの認知度は一気に高まり国内での売上が伸びていった。

高岡は、念願だったアメリカ市場への進出を決意。2015年、アメリカ・ニューヨークに初の路面店をオープンした。しかし、そこでまさかの事態が起きる。



顧客から返品依頼が殺到したのだ。当時、アメリカ国内で販売していたベッドマットレスなどの商品は、日本国内の工場で生産していた。日本からアメリカまでの輸送距離が長いため、商品が到着する頃にはベッドマットレスが破損していることが多く、クレームが相次いだ。

結局、数十億円もの損失を出し、2017年にアメリカ事業の縮小を決断。国内でも類似品が増えて売上が落ち、社員は次々と去り、会社は危機的状況に陥っていた。



失敗から生まれた、エアウィーヴの救世主


しかし、この失敗から、高岡はあることを思いつく。

「そうだ、マットレスを三分割にしてしまって、お客様に組み立ててもらったらどうだろう」

マットレスを分割するという驚きの挑戦に、社員の大半が反対した。それでも、高岡は1か月で開発するよう指示。マットレスを分割するのは当初簡単そうに思えたが、従来の切断機では分厚いマットレスを切ると刃がぶれてしまい、分割したマットレスの横幅がバラバラになってしまう。しかし、新しい機械を導入する余裕もなかったため、切断機のパーツを手探りで改良した。

そして、2017年、「三分割マットレス」シリーズの販売を始めた。


PR TIMES STORYより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ