VCのインサイト

最近、Non-Fungible Token(「非代替性トークン」:NFT)がメディアのトップニュースでよく取り上げられるようになりました。

1番最近のニュースでは、Beepleとして知られるアーティストが、クリスティーズ・オークションハウスでNFT化した自身のデジタルアートを6,900万ドル(約75億円)で売却したことが報じられました。

デジタル資産としては過去最高額である上に、250年もの歴史を誇る伝統的なオークションハウスがついにデジタルアートの競売をはじめたという点でも注目されています。しかも、実はBeepleの作品がクリスティーズ初のNFTではなく、昨年の10月にもBlock 21というNFTの競売が行われています

NFTにあまり馴染みがない人のために説明すると、NFTとはブロックチェーン上に記録されるデジタル鑑定書のようなもので、デジタルアートだけではなく、音源や動画、記事、さらにはツイートなど、さまざまなデジタル資産の所有権を証明するものです。

たとえば、今現在もTwitter創業者のJack Dorsey氏が自身の最初のツイートをNFTとして売り出しています。ちなみに、現時点(3月16日)での入札価格は250万ドル(約2.7億円)で、オークションの終了日は3月21日です。興味がある人のために、一応リンクを貼っておきます。

多くの人にとって、NFTを取り巻くハイプは理解し難いものかもしれません。インターネット上で何百万回でも複製できそうなデジタルデータをなぜ買いたいのかと、疑問に思うでしょう。

しかし、コピーや模倣品といった問題は、当然ですがデジタル界に限ったことではありません。現にデジタルではない「現実」の世界でも、モナリザのレプリカがたくさん存在しています。NFTとは要するに、デジタル界において真のオリジナルを証明する手段の1つなのです。

NFTが最初に大きな注目を集めたのは2017年で、CryptoKittiesというプラットフォームの立ち上げがきっかけでした。ユーザーがデジタルの仮想猫を収集し、購入や売買、交配ができるというゲームなのですが、新しい猫は1匹1匹がNFT化されていて、オリジナル性とユーザーの所有権が保証されています。

文=James Riney

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ