Close RECOMMEND

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 (c) プリンスホテル

昨年、新型コロナウイルスの世界的流行が始まると、旅行業界は動きを止めた。今年は各国でワクチンの接種が進んでいることで希望が見えつつあり、これまで外出できずに頭がおかしくなりそうだった人々は、旅行の計画を立て始めている。フォーブス・トラベルガイドは、そうした将来の計画の参考にしてもらうべく、世界最高峰のホテルやレストラン、スパをまとめた「2021年スター・アワード」を発表した。

63回目になる今年のアワードには、世界のホテルから五つ星283軒、四つ星576軒、「おすすめ」施設438軒を選出。レストランでは五つ星73軒、四つ星136軒、おすすめ77軒、スパでは五つ星90軒、四つ星200軒を選んだ。施設の調査は、新型ウイルス流行前と、各地域の制限が解除されてからの2つのタイミングで行った。

調査員は一般客を装い、各ホテルに2泊3日滞在。部屋に快適な睡眠のための設備が整っているかや、飲食物のメニューが健康志向かなどの現代的な基準から、内装の質や従業員の制服のデザインなど従来型の基準までの900項目を客観的かつ厳格に審査した。

新型ウイルスが世界的に流行している今、客の健康を守るサービスの質はかつてなく重要となっている。評価の75%はサービスやスタッフのケア・配慮に関するもので、25%は施設自体の質とした。

選出された施設の全リストはフォーブス・トラベルガイドのサイトで公開されている。本記事では、今年初登場したホテルの一部を紹介する。

東京がトップに


東京は新型ウイルス流行が始まる前、2020年夏季五輪の開催に向けてスタジアムの建設や、インフラ、ホテルの整備を進めていた。五輪は延期されたが、東京は今年のリストで、新たに五つ星を獲得したホテルの数が世界最多の4軒に上った。

新規五つ星獲得ホテルは、日本の伝統建築を取り入れ、昨年開業10周年を迎えた「ザ・キャピトルホテル東急」、東京の街を全室から臨める「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」、六本木の54階建て超高層ビルの最上部にある「ザ・リッツ・カールトン東京」、約2万平方メートルの日本庭園に囲まれた、部屋数わずか16の旅館「高輪・花香路」だ。

記事=Jennifer Kester 編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ