世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

今、日本では空前のサウナブームが起きている。

芸能人や著名な経営者にも「サウナ好き」を公言する方が増え、また身近なビジネスパーソンで、精力的に仕事をこなすトップエリートと呼ばれる男女がこぞってサウナに通っている。なぜ、仕事ができる人は、サウナにハマるのだろうか?

Forbes JAPANでは、サウナを初めて科学的エビデンスに基づいて解説した話題の書「医者が教えるサウナの教科書」(加藤容崇著、ダイヤモンド社刊)より、最新研究に基づいたサウナの脳と体に与える効果と、ビジネスのパフォーマンスを最大化する入り方を、ダイヤモンド・オンラインの記事から抜粋して紹介する。

サウナを利用する際には、きちんとコロナ対策を行なっている施設で、自身も万全の対策を行って楽しんでほしい。また、日本サウナ学会のHPでは、コロナ対策をきちんと行っているサウナ施設のリストを公開しているので参考にしてほしい。


週4~7回サウナに入る人は、78%うつ病リスクが軽減?


うつ病を発症する人は、軽度のものから重度のものまで合わせると、年間約500万人にも及ぶといわれています。さらに昨年からの新型コロナ禍による、経済的な困窮や孤独感の増加などから、さらにうつ病リスクは高まっていると思われます。

実はサウナは、うつ病のリスクを軽減するというデータがあります(Cardiovascular and other Health Benefits of Sauna Bathing:A Review of the Evidence, Mayo Clinic Proceedings, 2018)。この研究では、週に4~7回サウナに入る人は、週に1回入る人よりも、78%うつ病にかかるリスクが低いとされています。サウナが肉体的なものに効果があるのは、なんとなく理解しやすいと思いますが、精神的なものにまで好影響を与えるというのは驚きかもしれません。

私も、なぜサウナがうつ病のリスクを低下させるのか不思議に感じました。「うつ病の人は単にサウナへ行く気力がなくて行けないから、サウナーにはうつ病患者が少ないというデータが出ているだけでは? 本当に検証するには、うつ病の人にサウナに入ってもらって本当にうつ病が良くなるのか、逆の研究が必要だ」と思っていました。

.

PICK UP

あなたにおすすめ