ジュエリースタイリスト伊藤美佐季さんの愛用ジュエリー

長く、丁寧に服を着ることは、真の意味でのサステナブルにもつながる。だから、今こそ考えたい。本当に自分が愛おしいと思うものと、それが教えてくれる、自分らしいスタイルの軸とは何か──。

たとえば、ファッションのプロは、どんな考えを持ち、どんなものを大切にしているのだろう? 「Marisol」のほか多くのメディアで活躍するジュエリースタイリストの伊藤美佐季さんに聞いた。

これは私のところに来るべきというモノは、瞬時にわかる


ジュエリースタイリストの第一人者として数多くの女性誌を手がけ、大物女優からの指名も後を絶たない伊藤さん。実は、スタイリストとしてのキャリアをスタートしたのは、37歳とかなりの遅咲き。アパレルで会社員をした後、一念発起してフィレンツェに遊学。女性誌の編集者だった光野桃さんと出会い、イタリアンマダムのかっこよさを日本で伝えたいと、手探りで雑誌の仕事を始めた。

「イタリアで、成熟した大人の女性の美しさを目の当たりにして、どうしたらあんなふうになれるのかと憧れて。それが仕事でもプライベートでも、私の表現の軸になっていると思います」。しかし、スタイリストを始めて数年は、“全然普通”な自分が、華やかなファッション業界についていけるか自信がなかったそう。

「『あの人誰?』って思われるんじゃないかと心配で、40歳前後のころは、流行の服を鎧として着ていたこともありました。でも、仕事をしていくうちに、だんだんと装いで頑張る必要はないんじゃないかと思えるようになって。それからは、流行やブランドといったものさしではなく、自分が好きと思えるかどうかでモノを選ぶようになりました」

伊藤さんが惹かれるのは、完成された美しさが自分の気持ちをグッと引っぱり上げて、心地いい緊張感をもたらしてくれるようなモノ。

「誰にでも似合う、普通のシンプルな服はいらないし、着回しがきく便利な服も好みじゃない。モノのほうが、似合う人を選ぶような存在感があるものが好きなんです。そういうモノには、必ず背景につくり手の想いがあって、モノとしての物語がある。それに私がどうやってめぐり合ったのか、その思い出まで含めて、“ストーリーのあるモノ”が、結局残っていると思います。長くパートナーになるものは、『あ、これは私のところに来るべきものね』とひと目でわかる。だから、絶対的に好きなものは、迷わないですね」

好きなのに、似合わない…年齢の「波」は必ず来る


例えば、女優のティルダ・スウィントンのような、知的で少しマスキュリンな香りのする、成熟した大人の女性像が理想という伊藤さん。しかし、自分が好きなテイストでも、いざ着てみると似合わない……そんな悩みも経験してきた。

「40代半ばくらいから、年齢というすごく大きな波が来て。もともと好みの幅が狭いこともあり、自分に似合うと思えるものが全然見つからず、落ち込んだ時期も何度かありました。でも、そこで歳だからとあきらめるんじゃなく、“じゃあ髪を切ってみよう”とか"友人のアドバイスを聞いてみよう”とか試行錯誤しながら、同じテイストだけれど選び方を変えていく工夫をしてきた気がします」

撮影=加藤新作 スタイリスト=中里真理子 構成・文=湯澤実和子 撮影協力=バックグラウンズファクトリー

PICK UP

あなたにおすすめ