Close RECOMMEND

マスク除菌ケース(左)、PSHONESOAP(右)

巷で話題のあれこれを「Marisol」WEBエディターのMMがリアルに試して感想をレポート。今回はウィズコロナ生活で気になっていた、マスクとスマホの除菌ができる便利グッズを使ってみます。


2021年も「ウィズコロナ」の生活がまだまだ続いています。頻繁な手指の消毒に、外出時はマスクを常時着用、服や持ち物の除菌も……。1年間この生活をしてきて慣れたような感覚はありますが、やっぱり面倒な気持ちは拭えません。

そこで、便利かつ効果的な対策ができると注目を集めている、太陽から地球に届く紫外線よりもさらに強いとされるUV-C(深紫外線)の高い除菌作用を利用した「除菌アイテム」を試してみます。

今回ピックアップしたのは、「マスク除菌ケース」と「PHONESOAP」の2アイテム。

除菌だけでなく、乾燥させる機能もある「マスク除菌ケース」は、マスクをランチの時などに外して、再度つけるときのモヤっとした気分を解消してくれそう。

密閉した状態で除菌できるボックスタイプの「PHONESOAP」(フォンソープ)は、充電しながらスマホを除菌できるそうで、寝てる間になど普段の生活のなかで効率よく取り入れられるのではと思い、お試ししてみることにしました。

マスク除菌ケースを携帯して、マスク生活の快適度をあげてみた!



マスク除菌ケース 7200円+税/MEDIK (公式サイトはこちら

約13cm×13cm角で、厚みが3.6cmのマスク除菌ケース。大きさはそこそこあるように感じますが、仕事用のA4バッグにはすんなり入るし、スリムな四角型なのですっきり収まります。なにより182gと軽いので、普段の荷物に追加しても苦になりません。

マスク除菌ケース本体に、スタンド、充電用のUSBケーブル、本体にとりつけられるストラップがセットになっています。



マスク除菌ケースをパカっとあけると透明のプラスチックの突起がついた側と、カバーの2つに分かれます。透明の突起(マスクガイド)のついている白い部分が本体で、除菌効果を発揮するUV-CのLEDライトやファンが搭載されているとのこと。半分に折ったマスクの間に、透明のマスクガイドを挿入するようにして、カチッとカバーにセットすれば準備完了です。



電源ボタンを押して除菌をスタートさせます。除菌モードと乾燥モード(各10分)があり、好みで選べるようになっています。仕事のランチ休憩が1時間あるので、今回は除菌&乾燥を連続でできる20分のモードに設定します。

PICK UP

あなたにおすすめ