World Restaurant Awards審査員

「FLOWER POWER」アフタヌーンティー

目にパッと飛び込んでくる、鮮やかな色彩や、たおやかな香り──。疲れた時に、街角の花屋の色とりどりの花々に癒されるという経験は誰しもあるのではないだろうか。

Go Toキャンペーンの停止、緊急事態宣言の発令・延長と、コロナ禍に翻弄される日々のなかで、花の力で元気を届けたい。そんな思いから、ザ・リッツ・カールトン東京は、3月4日から14日のホワイトデーまでの期間限定で、「FLOWER POWER」アフタヌーンティーを展開する。

今回は、同ホテルで初めて、コラボレーションスタイルで提供するアフタヌーンティーとなる。それも、2つのブランドとのコラボレーションだ。

ひとつは、「ピエール・エルメ・パリ」。ザ・リッツ・カールトン東京には、世界各国でグループホテルの立ち上げに携わったジョン・ツーカンシェフ率いる優秀なペストリーチームがいるが、今回は花をテーマにしたアフタヌーンティースタンドのうち、スイーツはピエール・エルメ・パリが手がける。


「FLOWER POWER」アフタヌーンティーで提供されるピエール・エルメ・パリによるスイーツ

エルメ氏は、花やハーブなど香り要素も多用した季節の味のマカロンを提供しているが、今回は、ここでしか食べられない苺のコンフィとヴァーベナのガナッシュが入ったマカロンのほか、花を使ったスイーツを中心に揃えた。

シグネチャーであるバラとフランボワーズとライチのコンビネーション「イスパハン」や、スミレの花とカシスの「アンヴィ」、バラとジャスミンのタルトなど、かぐわしさに体の中から浄化されそうな花々のデザートが揃う。

ピエール・エルメ・パリ日本代表のリシャール・ルデュ社長は、「厳しい状況が続く中だからこそ、色彩豊かな花やスイーツがもたらす幸福感を感じて欲しい」と話す。

セットで提供されるドリンクは、コーヒーや紅茶以外にも、オプションで花をテーマにしたノンアルコールカクテルが2種類ある。

セイボリーによく合うのは、ワイングラスにエディブルフラワーが飾られ、ラベンダーやライムを使ったハーバルなもの。もう1種類は、ジュニパーベリーを使用したノンアルコールジンをベースに、ロイヤルミルクカモミールティーをミルクウォッシュしたものを合わせた優しい印象のものだ。どちらも、香りと軽やかな甘さを楽しめる。

文=仲山今日子

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ