Close RECOMMEND

As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem.


Keilafは、ライダーがベストな技術である理由として、周囲の物体に対するより良い洞察を提供可能な点を挙げている。

「私は、ライダーには異なるタイプの物体の動きを非常によく理解できるという点で大きな強みがあると考えている」と彼は話す。

「カメラを用いたシステムの場合は、物体を見分ける機能の多くをシステムのトレーニングに依存しているいる。しかし、ライダーはそれ自体が物理的なセンサーであり、光のパルスを照射して物体からの光の反射を測定している。つまり、ライダーは基本的に物体を見て、それが何かを知らなくても、どこにあって、どんなサイズであるを知っている。しかし、カメラの場合は十分なトレーニングを行わないと、適切な反応を返せない」

この分野の大きなプレイヤーで、まだ手の内を見せてない企業と言えるのがアップルだ。アップルはライダーに対して前向きだと噂されており、ブルームバーグはアップルが複数のライダーメーカーと協議を行ったと伝えている。しかし、アップルが自動運転車を正式にアナウンスするまでには、まだ数年がかかるかもしれない。

自動運転に関連するテクノロジーは、カメラやレーダー、ライダーなどすべての技術が非常に早く進化している。イノヴィズのような企業は、今後、複数のライダーをわずかなコストで車両に搭載することになるだろう。

「私は将来的にライダーの小型化と低価格化が進み、100ドルかそれ以下の価格になると考えている。それは間違いなく実現するはずだ」とKeilafは語った。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ