(C)nbatopshot

ブロックチェーンを基盤としたゲームプラットフォームの「NBAトップショット」が、立ち上げから数カ月で2億ドル(約210億円)を超える売り上げを記録している。このプラットフォームでは、プロバスケットボールリーグのNBA選手たちが試合中に披露した決定的瞬間の動画「モーメント(Moments)」を、ユーザー間で売買することが可能になっている。

モーメントの市場は特にここ数週間で爆発的に盛り上がり、過去7日間の売上は1億3250万ドルに達したという。

P2Pトンラザクション分析ツールCryptoslamによると、トップショットの売上は1月に1億8730万ドルに達し、その直前の30日間との比較で1197%という驚異的上昇を記録した。さらに、過去24時間で獲得した新規ユーザーは約2万7000人で、8万件のトランザクションを処理していた。

2月22日には、レブロン・ジェームズのハイライト動画が20万8000ドルで販売された。

NBAトップショットは、全米バスケットボール協会NBAと「クリプトキティ」で知られるDapper Labsが立ち上げたプラットフォームで、2020年10月から始動した。モーメントと呼ばれる個々のビデオハイライトは、9ドルから230ドルの限定版パックで販売されており、今月に入り売上は爆発的に伸びている。

限定版バックが完売した場合、個々のモーメントはP2Pマーケットプレイス限定で入手可能になり、その価値は希少性やシリアルナンバーに応じて変動する。シリアルナンバーは一般的に小さな数字のほうが価値が高いが、選手の背番号と一致するものは特に高額で取引される。

Dapper Labsは、Flowブロックチェーンのエコシステムを用いてモーメントのトレードを管理している。

報道によると、Dapper Labsは既に引退したNBA選手との交渉も進めており、歴史的な映像の売買も可能にしようとしている模様だ。同社はこのプラットフォームを、NFLやMLBなど他のメジャープロスポーツにも拡大すると噂されている。

「我々はこのテクノロジーとプロダクトを信じており、彼らとは長期的なパートナーシップを結んでいる」と、NBAのライセンス担当副社長のAdrienne O’KeeffeはESPNに語った。「ブロックチェーン技術には持続力があり、我々のビジネスに多くを与えてくれると信じている」

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ