Close RECOMMEND

I cover breaking news.


英国の裁判所は正反対の判断


ウーバーのダラ・コスロシャヒCEOは、12月に発効したプロップ22がドライバーを分類する上での「第3の道」になると述べている。この制度の下で、ドライバーは独立請負人の地位を維持しつつ、限定的な福利厚生を受けることが可能になり、ウーバーやその他のギグ企業はこのモデルを世界に広げようとしている。

しかし、労働団体は、この制度で提供されるベネフィットが不十分だと述べている。例えば、プロップ22の最低賃金と車両費は、実際に運転した時間のみをベースとしており、待ち時間は除外しているため、実際に受け取れる額はギグ企業が主張する額よりも少ないからだ。

カリフォルニア州の制度と真っ向から対立する形で、英国の最高裁は2月19日、国内のウーバーのドライバーは社員として扱われるべきだとする判決を下した。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ