行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

日本版画面

スマートニュースが、全国の「新型コロナウイルスワクチン接種状況」を知らせる機能の提供を2月19日(金)から開始した。

新型コロナウイルスのワクチンは2月17日から医療従事者への先行接種が始まり、4月以降から高齢者へ、夏には一般へのワクチン接種がはじまると言われている。ワクチンに対する社会的関心が高まる中、ニュースアプリSmartNews(スマートニュース)は、ワクチン接種状況をいち早く分かりやすく知らせることで、多くのユーザーと社会のニーズに応えるという。

SmartNewsは月間アクティブユーザーが日米合算で2000万人を超え、ダウンロード数も日米合算で5000万を超えて成長を続けている。ワクチン接種状況を知らせる新機能も日米のSmartNewsが共通で同時に開始する取り組みだ。


アメリカ版画面

気になるワクチン接種状況が直感的に分かる


「新型コロナウイルスワクチン接種状況」は、ニュースアプリSmartNewsの新型ウイルスチャンネル上で、分かりやすいビジュアルで掲載される。その日の新規接種回数や全国の累計接種回数が切り替え一つでグラフに表示されるので、日本国内でどれくらいワクチン接種が進んでいるのか*がひと目で分かる。*土曜日・日曜日・祝日は情報更新なし。

今後も国や自治体から開示されるデータに応じて、ワクチン接種情報を分かりやすく知らせる機能を拡充させていく予定だという。

スマートニュース株式会社について


「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」をミッションに掲げ、2012年6月15日に設立。日米5000万ダウンロードを超えるニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用している。世界中の膨大な情報を日夜解析し続けるアルゴリズムと、スマートデバイスに最適化された快適なインターフェースを通じて、世界中から集めた良質な情報を、一人でも多くの人々に届けていきたいという。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ