世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


null
(撮影:姚 巧梅)

Audrey Tang(唐鳳、オードリー・タン)◎台湾デジタル担当政務委員。1981年台湾台北市生まれ。12歳でPerlを学び始める。15歳で中学校を中退、プログラマーとしてスタートアップ企業数社を設立。19歳のときに米シリコンバレーでソフトウエア会社を起業する。 2005年、プログラミング言語「Perl6(現Raku)」開発への貢献で注目される。2014年、米アップルでSiriなど高レベルの人工知能プロジェクトに加わる。2016年10月、蔡英文政権の行政院(内閣)に入り、デジタル担当の政務委員となり、部門を超えて行政や政治のデジタル化を進める。2019年、米国の外交専門誌『フォーリン・ポリシー』のグローバル思想家100人に選出。著書に『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(プレジデント社)がある。

null
(撮影:日経クロステック)

上田岳弘(うえだ・たかひろ)◎1979年兵庫県生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、IT企業の創業に参画し、現在は役員を務める。2013年『太陽』で第45回新潮新人賞を受賞しデビュー。2015年『私の恋人』で第28回三島由紀夫賞、2018年『塔と重力』で第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞、2019年『ニムロッド』で第160回芥川龍之介賞を受賞。著書に『太陽・惑星』『私の恋人』『異郷の友人』『塔と重力』『ニムロッド』『キュー』がある。

この記事は「日経クロステック」から転載したものです。全文はこちら>>

上田岳弘氏関連記事は以下から>>
トップリーダー X 芥川賞作家対談 第1回(前編)
トップリーダー X 芥川賞作家対談 第1回(後編)
トップリーダー X 芥川賞作家対談 第2回
トップリーダーX芥川賞作家対談 第3回
トップリーダー X 芥川賞作家対談 第4回(前編)
トップリーダー X 芥川賞作家対談 第4回(後編)
トップリーダー X 芥川賞作家対談 第5回(前編)
トップリーダー X 芥川賞作家対談 第5回(後編)
ベンチャー企業役員で芥川賞作家。彼は「小説」をどうビジネスに取り込んでいるか

文=谷島 宣之

PICK UP

あなたにおすすめ