I cover career advancement, career change, and entrepreneurship.

shutterstock

リンクトインでプレミアムアカウントを持っている人は、誰が自分のプロフィールを閲覧したのかを参照できる。プロフィールが複数の転職エージェントに数回見られているのに全く連絡がない場合、自分のプロフィールに何か決定的な問題があるのではと心配になるかもしれない。

リンクトインのプロフィールや履歴書、ネットワーキング(人脈作り)のための宣伝など、マーケティングには常に改善の余地がある。関心が変化したり経験が増えたり、スキルセットが更新されたり、あるいは市場の状況の変化によりこれまでとは異なる種類の企業や業界に焦点を当てたくなったりしたら、マーケティングもそれに合わせて常に見直すべきだ。

とはいえ、あなたのリンクトインを見た人から連絡がこなかったとしても、必ずしもあなたのプロフィールに問題があるとは限らない。私は長年人材あっせん業者として働いてきたため、リンクトインの検索は数百件こなしてきた。

ここでは、私がプロフィールを見た人材に連絡しなかった4つの理由を紹介する。

1. 優先事項が変化した


雇用主の優先事項を具体的に知ることは、人材探しの初期には特に難しいことだ。雇用主は最も重要だと考えられる基準を提示し、私はそこから作業を開始する。しかし、人材探しが実際に始まって候補者を雇用主に紹介し始めるようになると(特に面接が始まってからは)基準がより細かくなる。

例えば、オペレーションの経験に重点を置き、役員レベルの人材を探しているとしよう。しかし候補者にはそれに加え、ゼロから何かを作り上げた実績や、成長のニーズや状況の変化を予測した実績、その他のより戦略的な経験が必要になる。

オペレーションと戦略のバランスは、背景が考慮されるにつれてより明確になる。そのため私は、人材探しの初期段階では非常に広い範囲で探しているが、顧客のニーズについて理解が深まるにつれ、こうした非常に広範なプロフィールの一部のみに接触する。これはあなたのプロフィールとは全く関係なく、ただ顧客のニーズの問題だ。

2. 連絡はしたが返事が来なかった


メッセージを送ってから数カ月後に、候補者になりそうだった人から「つい今さっき」メッセージを見たと連絡をもらうことを、私は何度も経験済みだ。

頼んでもいないのに勝手に送られてきたりかかってきたりする電子メールや電話に対し、設定や習慣を見直そう。リンクトインのプロフィールに表示されている電子メールは現在も使っていて、定期的に確認しているものだろうか?

通知はオンにしていて、それを実際に読んでいるだろうか? メールが知らない人から送られてきた場合、それが正当な求人情報かどうかを確認するだろうか? これまで接触したことがない人からキャリアについて電話やメールが来たらすぐに折り返すだろうか? それともあなたの方で必要になるまで何も言わないだろうか?

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ