I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.


通勤していたときにはできなかったことをする


在宅勤務のよいところは、通勤の必要がなくなり、移動時間だったものを自分のために使えることだ。この自由になった時間を使い、楽しめることをしよう。きちんとした朝食を準備したり家族と会話したり、友人に電話したりできる。いつか読むと話していた本を読み、地元の新聞を読もう。この時間はあなたのものなので、自分が望むように使うこと。

「帰宅」のプロセスも必要


最大限のメリットを享受するため、帰宅のプロセスもフェイク通勤しよう。これにより、自宅モードに戻ることができる。1日の終わりにコンピューターのタブを閉じ、電源を切ろう。作業スペースを整頓すること。

10分以上音楽を聞いたり読書したりして、職場から帰宅する際にしていたことを再現しよう。朝にやっていない場合は散歩か運動をする。何をするにしても、その行動が勤務日を終えて自宅モードに戻る合図だということを覚えておくように。

フェイク通勤の唯一のデメリットは、遅刻を電車の遅延や渋滞のせいにできないことだ。とはいえ、フェイク通勤のせいで在宅勤務に遅れることは素晴らしいネタになる。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ