.


このグループが労組を結成し、その動きが全米に広まれば、アマゾンにとっては深刻な影響が生じるかもしれない。従業員の交渉力は格段と強まるだろう。従業員側は、労働環境の改善や昇給、雇用の安全性確保、医療関連の福利厚生改善、年金などの報酬を求めるに違いない。また、自分たちの仕事を奪うような技術やロボット、人工知能(AI)に反対する可能性が高い。

こうした要求は、アマゾンにとって大幅なコストの増加につながる。収益性が下がり、業績に影響が出るかもしれない。株価も打撃を受ける可能性がある。これによりベゾスは、世界一の富豪としての地位を失うかもしれない。彼が先週、CEO退任を発表したのも、これで合点がいくというものだ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ