ライフサイエンスイノベーションいろいろ

Luis Alvarez / by Getty Images

ここ数カ月、新型コロナウイルスのワクチンに対する懐疑的な意見や、ワクチン接種を頑なに拒否する人々の存在が伝えられ、ワクチンの有効性のみならず、ワクチン開発における慣行や安全基準についてまでも疑問視する人々が増えています。

とりわけ、日本とフランスは先進国の中でも最低水準のワクチン接種率といわれており、ワクチン接種に対する根強い反対が色濃く現れています。

コロナウイルスワクチンの開発は、その緊急性が高かったことから、この1年間で目覚ましい進展を見せました。これは、臨床試験における被験者の募集及び試験の遂行を極めて迅速に実施したこと、また、規制当局による早期承認への高いコミットメントがあったからこそ成し遂げられたものです。

しかし同時に、あまりに急速に開発されたことが、人々にワクチン接種への戸惑いも与えてしまいました。安全性や有効性を疑問視する誤った情報やデマにより、最終的に人々の生命が危険に晒されています。

【関連】中国製コロナワクチンの効果に不安、ファイザー製「再接種」の国も

ワクチン非接種の社会への影響


おそらく、ワクチン接種を躊躇う方もいるでしょう。様々な理由があるかと思いますが、自分や自分の大切な人に重篤な副作用が発生したら……不安からではないかと推察します。

一方で、根拠が明確ではない“負のイメージ”により、個々が恐れてワクチンを接種しないという判断を行う場合、マクロ的な観点で、パブリックにおいてどの様な影響があるか、簡単に説明します。

そもそも、ワクチンとは発症している病気の治療薬ではなく、感染症の拡大を阻止、または制圧させるための社会における安全対策ツールです。感染症を制圧する観点では、ワクチンの接種をする・しないという個々人の判断は意味をなさず、社会の一員として義務感を持ってワクチン接種について考えていくことこそが重要となります。

例えば、通常の病であれば、治療方針を決めるのは個人の自由であるべきです。しかし感染症は、個人の判断が自身への影響に留まらず、他者の人生にも影響を与えます。コロナウイルスは、死に至る可能性のある感染症です。重篤な症状や後遺症に苦しむ人も存在します。ある個人がワクチンを接種せずに罹患し、本人は無症状でも、他者を感染させ、その人生を壊してしまう可能性があることを認識しなければなりません。

以前の記事では、ワクチンは感染症制圧のための一つのツールであり、同様に新しい治療薬や診断薬の開発も不可欠であると記載しましたが、歴史的に見ると、ワクチンは最も効果的なツールである言えるでしょう。私たちは、コロナウイルスにかかった際に薬で治療ができることに期待すると同時に、ワクチン接種で救える命があり、個々人がその責任を負っていることを自覚する必要があります。

文=BT スリングスビー

新型コロナウイルス特集モデルナ新型コロナコロナワクチン
VOL.626

中国が「肛門でコロナ検査」開始、春節前の封...

VOL.628

新型コロナは心臓にも長期的影響 無症状でも...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ