for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、2月1週目の“注目のトピック”として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

Ridge-i


調達額:7億8000万円
調達先:オリックス / グローバル・ブレイン / スパークス・グループ

企業における、ディープラーニング・機械学習などのAI技術の活用を支援するスタートアップ。

企業の様々なフェーズにおいて、AIを含めた適切な技術の組合せを提案・開発している。

例として荏原環境プラントとの共同開発により、ゴミ焼却工場でゴミの質をピクセル単位で認識することを可能にし、熟練オペレータのノウハウを再現することで、投入するごみ質の安定化を果たした。

その他にも、3Dデータを活用した学習データの自動作成、白黒画像の自動彩色化、衛星データ(SAR)による災害観測・埋蔵資源の発見・オイル流出検出など、様々な事業分野に携わる。

2021年2月にはオリックス、グローバル・ブレイン、スパークス・グループを引受先とした資金調達を実施。

今回の調達を通し、財務基盤を強化することでより積極的な発信と研究開発を加速し、ニーズの創出を目指す方針だ。

ビードットメディカル


調達額:7億円
調達先:慶應イノベーション・イニシアティブ / メディアーク / ニチコン / Cosylab / JA三井リース

超小型陽子線がん治療装置開発、粒子線治療コンサルティング事業を行なっているスタートアップ。

陽子線には、体内に入っても表面近くではエネルギーを放出せず、停止する直前にエネルギーを放出して大きな放射線量を与える、という優れた特性がある。そのため、陽子線を利用することで体内の深部にある腫瘍へ、ピンポイントで放射線を照射することができる。

同社は日本で陽子線治療が普及していない原因は装置サイズの大きさ、高額な導入費用の二点にあると考え、小型で低価格な装置の開発に取り組んでいる。

2021年2月には、慶應イノベーション・イニシアティブ、JA三井リース、メディアーク、ニチコン、Cosylabを引受先としてシリーズAの第三者割当増資を実施。7億円を調達した。

調達資金は、現在開発を進めている「小型陽子線がん治療装置」の開発・製品化に充当する方針だ。

1sec


調達額:2億7000万円
調達先:gumi ventures / イグニス / イーストベンチャーズ / 國光宏尚 / 内藤裕紀

次世代のインターフェース、3DCGテクノロジーを駆使したVirtual Modelを開発・プロデュースするサービス「ONE AI」を提供しているスタートアップ。

「ONE AI」は3DCGやAI テクノロジーを用いた、次世代のインターフェースで新たな社会をデザインするサービスである。2021年1月現在はAIシステムと結合した独自のプラットフォームを開発している。

その他テクノロジー、ネットワーク、クリエイティブ アセットを用いてデザインし、KOLやBrandをプロデュースするサービス「ONE DX」の提供を行っている。

2021年2月にはセレス、gumi ventures、イグニス、イーストベンチャーズ、個人投資家の國光宏尚氏、内藤裕紀氏らに対し第三者割当増資を実施し、資金調達をおこなった。

本調達により同社の累計資金調達金額は2億7000万円となる。この調達資金は会話機能などを搭載したAIヒューマンテクノロジー開発に充てる方針だ。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ