Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法

ビジネスランチにも理想的な環境(イメージ: Microsoft)

マイクロソフトが革新的なオフィスを開設しました。時代を捉えた新たなオフィスは、「働き方」そのものについて考えるきっかけになるかもしれません。世界経済フォーラムのアジェンダからご紹介します。


・未来の働き方におけるオフィスの役割が不透明になってきたなか、マイクロソフトがイスラエルのヘルツリーヤに新たなオフィスを開設。
・このオフィスには独特のデザイン要素が取り入れられていますが、マイクロソフトによると、それは新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)とそれを乗り越えた後を見据えた対応だということです。
・そのひとつが「フレキシブル・グリッド」。デスクはキャスター付きで移動しやすく、オフィスのレイアウトを簡単に変更できます。

「出勤したくなるオフィスとはどんなものか? そもそもオフィスの存在意義とは?」

マイクロソフトがイスラエルのヘルツリーヤに新たに開設するオフィス。そのプロジェクトでリードアーキテクトを務めたベレッド・ギンディ氏は、4年前、この問いに対する答えをこの新オフィスの設計に込めました。奇しくも、この問いはいまの時代を捉えたものになりました。

IT企業の巨人であるマイクロソフトが、この最新の設備を導入した46000平方メートルの新オフィスの設計を依頼した時点では、新型コロナウイルスのパンデミックが物理的なオフィスの在り方そのものにこれほどまでに深刻な問いを投げかけることになるとは、到底考えられなかったでしょう。しかしいまや、IT企業のなかには、今後ずっと在宅で勤務するという選択肢を従業員に与えるところも出てきているほどです。

多くの企業がオフィスと在宅のハイブリッド型の働き方への将来的な移行を計画し、オフィスの縮小によって不動産コストの30%削減を検討する企業も出ていますが、オフィスの在り方を改革して、その存在意義までも見直す上では、ヘルツリーヤのこのオフィスはひとつの方向性を示す例になります。

新たなオフィスの3つの基本コンセプトをご紹介します。

1. 自在にレイアウト変更


マイクロソフト
「フレキシブル・グリッド」に基づき、大講堂に代わって多目的ルームが設置されました。(イメージ: Microsoft)

2020年、世界中の企業がデスク間のソーシャルディスタンスを確保するために、オフィスレイアウトの変更に苦心しました。その点、この新オフィスには最初から柔軟にレイアウトを変更できる設計が取り入れられています。それが「フレキシブル・グリッド」と呼ばれるシステムです。

文=Harry Kretchmer, Senior Writer, Formative Content

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ