世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

モンブラン エムグラム(M_Gram) 4810 (写真提供:モンブラン)

ラグジュアリーな筆記具はもちろん、時計やレザーグッズ、手書き文字がデータになるスマートペーパーまで、さまざまなカテゴリーで孤高の存在感を魅せるモンブラン。このたび同社から、新世代のためのレザーコレクションが登場した。

「モンブラン エムグラム(M_Gram)4810」は、モンブランのイニシャルである「M」のシグネチャーロゴパターンを全面にあしらったレザーグッズシリーズだ。採用されたオリジナルの「M」パターンは、115年余りの歴史を誇るモンブランの豊かな遺産からインスパイアされたもの。現在のファッションシーンの古典回帰を反映し、ブラックとブルーの粋なコンビネーションでイニシャルの「M」が全面にあしらわれている。

本体にはPVC加工のキャンバス地が用いられており、傷がつきにくく長く愛用できる。また、ブラックレザーでトリミングすることで、さらに洗練された印象に。アイテムラインナップは、写真右の「ドキュメントケース」(税込12万4300円)をはじめ、バックパック、ダッフルバッグ、ポーチ、ウォレット、ベルトバッグなど。ビジネスタイムからレジャーまで、シーンを問わず活躍してくれそうだ。

「What Moves You、Makes You」


この新コレクションは、モンブランの新しいグローバルブランドキャンペーンである「What Moves You、Makes You」のセンターピースでもある。このキャンペーンは、より高い目的を自らに課し、仕事への愛情に駆り立てられながら充実した日々を送り、今日における「成功」の意味を再定義し続けるビジネスパーソンへの讃歌だ。

「モンブランは非常に多くの人々にとって象徴的なブランドですが、新しい世代のモンブランファンを惹きつけ、エキサイティングなアイデンティティを刷新するために、いまこそ新しいシグネチャーロゴパターンを導入する時だと感じています」と、モンブランCEOのニコラ・バレツキーは言う。

クリエイティブディレクターのザイム・カマルは、「他のブランドのロゴモノグラムと一線を画しているのは、まったく新しいロゴを構築したのではなく、歴史的なタイポグラフィから変換するというアイデアです。115年近くに及ぶ遺産や歴史には、メゾンの未来に目を向ける新しいパターンを作成するためのヒントが数多く隠されていました。この古くて新しいデザインは、モンブランコミュニティへのタッチポイントであり、男女問わずモンブランへの愛を自由に解釈して表現していただけるアイコンです」と語った。

問い合わせ:モンブラン コンタクトセンター 0120-99-8291
www.montblanc.com

文=杉岡 藍

PICK UP

あなたにおすすめ