Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、1月4週目の“注目のトピック”として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

オープンエイト


調達額:30億円
調達先:JPインベストメント / スパークス・グループ / 日本政策金融公庫
備考:スパークス・グループは未来創生ファンドからの出資

インハウスAI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」などのサービスを提供しているスタートアップ。

同社は自然言語処理とコンピュータービジョンを中心とする独自のAI技術を開発し、アルゴリズム・ソフトウェアモジュール群からなる"OPEN8 CORE TECHNOLOGY"を保有している。

「VIDEO BRAIN」はAIのサポートで誰でも簡単に高品質なストーリー性のある動画を数分で編集できるクラウドサービスだ。経験者のために作りこまれた操作画面で、まるでパワーポイントを使う感覚で動画を簡単に作成することができ、業界問わず多くの企業が導入している。

他にも動画自動生成機能などのAPI提供を通じて企業による情報発信の支援を行っている。

2021年1月にスパークス・グループ、JPインベストメント、日本政策金融公庫から約30億円の資金調達を発表した。

調達した資金は、「Video BRAIN」の機能拡充を図り、誰でも簡単に動画を作成し様々なビジネスシーンで活用していけるユーザー体験を深化させていくとともに、積極的な広告宣伝によるサービスの更なる認知拡大に繋げる方針だ。

イザナギゲームズ


調達額:1億6880万円
調達先:アカツキ / コロプラネクスト

コンシューマーゲームを中心とするインタラクティブエンターテインメントプロデュースを行うスタートアップ。

同社は日本のクリエイターや開発チームとともに作り上げたプロジェクトを世界のマーケットにダイレクトにアピールしていくことを理念に掲げている。

資金調達の幅を広げることにより、優れたクリエイターが新しいIP・ゲームを創り出すチャンスを増やし、全世界を販売マーケットとして大きくアプローチすることで、数多くのユーザーにゲームを中心としたインタラクティブエンターテインメント体験を届けることを目指す。

2020年にはインタラクティブムービー「デスカムトゥルー」をリリース、2021年は「ワールズエンドクラブ」のSwitchバージョン、「冤罪執行遊戯ユルキル」をリリースする予定だ。

2021年1月には、コロプラネクスト、アカツキを引受先として1億6880万円の資金調達を実施した。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ