I help millennials elevate their careers and land jobs they’ll love.

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

求人に応募し、いくつか面接を受けたのに、なぜかいつもしっくり感じられないことがあるはずだ。その企業が適切な転職先と感じられないか、あなたがその仕事での役割や給与にわくわくした気持ちを持てないかのどちらかだ。

私はこれまで、企業で働く優秀な人材なのにこの問題に直面する非常に多くの人を指導してきた。こうした状況では、問題の原因が経済や世界情勢、求人市場の鈍化にあると考えてしまいたくなる。

こうした要素は確実に影響を与えているが、自分に合った仕事を見つけられない理由は他にもある。こうした原因を解消すれば、わくわくするような転職先を見つけ、その仕事を獲得できる可能性を上げることができる。

ここでは、自分に合った仕事を見つけることができない3つの意外な理由を紹介する。

1. キャリアの棚卸しをしていない


あなたは、できる限り早く転職先を見つけたいという目標に動かされやる気を感じているため、転職活動にすぐに取り掛かって行動を開始することが理にかなっていると感じているだろう。しかし意外にも、キャリアの棚卸しをせずに転職活動を始めることが自分に合った仕事を見つけられない主な理由の一つだ。

世間一般に信じられていることとは違い、自分にぴったりの仕事を見つけるにはまず、履歴書や求人への応募ではなく自分自身に目を向けなければならない。

今よりわくわくする仕事を見つける前に、現在のキャリアに欠けているものを特定しなければならない。リーダーとしてより大きな責任を担いたい、遠隔勤務と柔軟性に価値を置く企業で働きたい、などだ。

分析を行い、次の仕事で輝くためには役割や会社の観点で何が必要かを考え、それを確実に探して見つけること。このステップを踏まなければ、見慣れていることだけを理由として、楽しめないような仕事に盲目的に応募する可能性が高くなる。

さらには、転職活動で求めるものを理解していないために全く仕事が見つからないかもしれない。

2. 実際にどのような求人があるかを理解していない


転職先を探していると常に伝えていても実際はどのような仕事があるのかを全く把握していない場合、これも自分に合った仕事が見つけられない理由の一つだろう。

私の顧客の一人であるメリッサは、転職先を探す準備はできていたが、経済状況や新型コロナウイルスの流行を考えると選択肢があまりないことを心配していた。しかし彼女は、採用中の仕事ならどれでもよいと言う代わり、自分の体験や専門性を生かせるようなさまざまな空席のポジションを見つける努力をした。

メリッサはこうして、想像していたものと全く異なる職務だが、求めていた職責やキャリア目標と合致している仕事に就くことができた。

仕事を探していると言うだけでなく、自分に合った仕事について知識に基づいた決断が下せるよう、他にどのような求人があるかを知るために適正評価を行おう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ