Close RECOMMEND

I write about the future of mobility and evolution of transportation.


スタンフォードを中退しテスラ社員に


電気系エンジニアからコンピュータ・プログラマーに転身した両親のもとに生まれたベルディチェフスキーは、2001年にスタンフォード大学に入学し、機械工学を専攻した。大学で、現在はシラ・ナノのバイスプレジデントを務めるエーリク・ハンツーに出会い、2人乗りのソーラーカーを製作し、シカゴからロサンゼルスまでを走破した。

ベルディチェフスキーは2004年にスタンフォードを中退し、テスラの7人目の社員となった。その後、テスラ・ロードスターに搭載するために様々なリチウムイオン電池を試していくなかで、電池の性能の向上ペースが鈍化し始めたことに気付いた彼は、この業界にはブレイクスルーが必要だと考え、スタンフォードに戻り、2010年に工学修士号を取得。その後、サッター・ヒル・ベンチャーズの客員起業家となった。

新工場の設置場所はまだ開示されていないが、米国内になる可能性が高いという。シラ・ナノは、SPAC(特別買収目的会社)との合併による上場は計画していないものの、追加資金の調達のために、連邦政府の低金利融資を受ける可能性があると、ベルディチェフスキーは述べた。

Coatue Managementのシニア・マネージング・ディレクターのJaimin Rangwallaは、「シラ・ナノは、画期的で新しい電池技術を生み出したと確信している」と述べた。既存出資元の8VCやBessemer Venture Partners、Canada Pension Plan Investment Board、Sutter Hill Venturesらを含む企業らも、今回のシリーズFに参加した。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ