Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

TOE THE LINEが運営する女性主体の金融コミュニティ「きんゆう女子。」が、会員の素顔がわかる「きん女。白書」を発刊する。

コミュニティ結成時の2016年と比較しても、会員になってからの期間によって金融知識に幅が出てきたことや、ライフスタイルに対する価値観の多様性も増加傾向に感じる機会が増え、今後コミュニティとしてより良いコンテンツの提供に繋げるためにアンケートを実施。回答者承諾のもと、アンケート結果を匿名の形でレポートにした。

日本女性の金融リテラシー向上の必要性を感じ、コミュニティポリシーに賛同する会員ひとりひとりが踏み込んだ質問に協力したことで、金融や投資といったオープンに話すことが憚られるテーマの本音に迫ることができたという。

【調査概要】
回答者:コミュニティ会員 158 名
アンケート実施期間:2020年8月31日〜9月20日
アンケート設問数:134項目

【「きん女。白書」トピック】
今回は「きん女。白書」からトピックとなる5項目を紹介。
1)プライベートもオンオフでメリハリ生活が多い傾向に
2)家計簿アプリやエクセルなどツールを駆使、こまめにお金の管理をしている方が大半
3)決済方法はキャッシュレス派が主流に
4)大多数が資産運用中!投資スタイルはつみたてが半数
5)金融機関の存在とは?そして手続きが大変な時にほしかったサポートとは...?

1)プライベートもオンオフでメリハリの効いた生活を行う人が多い傾向に


お金に関すること以外にライフスタイルに関する調査も実施。その中でプライベートの過ごし方に関しての回答結果から、プライベートの時間の使い方において、平日と休日で特徴がみえた。将来のための勉強や体調管理のための運動、副業といった自分をアップデートさせる項目は平日のプライベートに割く傾向に、睡眠や休息、余暇を楽しむための活動は休日に行うことが多くなる傾向がわかった。

Q:平日のプライベートは何をして過ごしていますか?(複数回答/158名回答)

Q:休日はどのように過ごしていますか?(複数回答/158名回答)


2)家計簿アプリやエクセルなどツールを駆使、こまめにお金の管理をしている方が大半


お金について学ぶ意欲のある人は日常のお金管理においても、こまめにチェックを入れる人が多いことがわかった。「​日々管理している」が28.5%、「毎週行っている」が23.4%、「毎月行っている」が31.6%と、月に1回以上ルーティンで管理している人が83.5%となった。

また、管理に手間取らないよう、家計簿アプリや表計算ソフト、キャッシュレス決済サービスの購入履歴など、上手にツールを使いこなし効率よく管理していることがわかった。

Q:どのくらいの頻度でお金の管理をしていますか?(単一回答/158名回答)


Q:お金の管理方法を教えてください(単一回答/158名回答)


3)決済方法はキャッシュレス派が主流に


具体的な決済手段をみてみるとクレジットカードでの決済が半数を超え一番多く、他スマホ決済、デビットカード払いなどをいれるとキャッシュレス率が84.2%と大半を締める結果となった。また、なぜその手段を利用しているのかの記述回答では、ポイント二重取りなどお得という点、利用できる場所が増え、友人とのお金のやりとりができるその手軽さ、さらには履歴が残るため家計簿がわりにしているなどお金の管理がしやすい点を上げる人もいた。

Q:一週間で一番よく使う支払い方法を教えてください(単一回答/158名回答)

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ