Pete Marovich - Pool / by Getty Images

ドナルド・トランプ前米大統領の任期が1月20日に終了するのを前に、創設がうわさされる新党についての検索数やオンライン上の言及が大幅に増加していたことが分かった。

メディアインテリジェンス企業のジグナル・ラボ(ZignalLabs)によると、「Third Party(第三政党)」「New Party(新党)」、「Patriot Party(愛国者党)」などの検索数は、19、20の両日に急増していた(「愛国者党」の名称は、トランプ前大統領が党名として検討しているものとされる)。

また、ツイッター上に開設された愛国者党のアカウントは、20日までにフォロワーが約9万5000に達し、フェイスブックの同名のページには、約1万6000の「いいね!」が付けられている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは19日、トランプは新党の結成を検討しているもようだと報じた。消息筋が同紙に明らかにしたとろによると、そうした構想についてトランプが口にし始めたのは、1月中旬以降。支持者らが6日に議会議事堂で起こした暴動を「扇動した」として、複数の共和党議員から批判を受けたことがきっかけとされている。

共和党のミッチ・マコネル上院院内総務(ケンタッキー州)も、「暴徒を挑発したのはトランプだ」と明言している。

オンライン上では前大統領の支持者の間で、数週間前から新党の結成を求める声が上がっていた。トランプは彼らの投稿から、「愛国者党」という新党の名称に関するアイデアを得たのかもしれない。

ソーシャルメディアを通じて積極的に発言している極右のリン・ウッドやジェームズ・ウッズなどは、「愛国者党」のロゴのデザイン案を制作。オンラインで公開している。

一方、共和党の著名議員ら数人は20日、トランプによる新党の立ち上げは2022年の中間選挙を前に、共和党を分裂させるだけだと主張。結党の構想を非難している。

Foxニュースのインタビューで「愛国者党」に関するうわさについて尋ねられた共和党の重鎮リンゼー・グラム上院議員(サウスカロライナ州)は、トランプがそのような行動に出ないことを願っているとコメント。「彼には共和党のリーダーでいてほしい」と語った。

保守派の著名なコメンテーター、ダン・ボンジーノも自身のラジオ番組で、トランプによる新党結成のアイデアに否定的な見方を示している。

「第三の」政党


第三政党の候補による大統領選への出馬は、これまですべて失敗に終わっている。セオドア・ルーズベルト元大統領(共和党)は1912年、「進歩党(ブル・ムース党、オスのヘラジカの意味)」を結成。

再選を目指していた共和党のウィリアム・ハワード・タフトと、民主党のウッドロー・ウィルソンと闘ったが、ルーズベルトとタフトが票を奪い合ったことが、ウィルソンの勝利を確実にした。

また、2016年の大統領選でもわずかながら、第三政党の候補が民主党のヒラリー・クリントン候補の得票に影響を及ぼし、トランプの勝利につながった。

「戻ってくる」


トランプは20日、フロリダ州に向かう前に首都ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地で演説。集まった人たちを前に、「私たちはいずれかの形で戻ってくる」との言葉を残している。

編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ